2000年1月4日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

旭川市のアイヌ語地名

 


旭川(あさひかわ)

旭川市の市名・駅名。もともとは市内を流れる忠別川の原称 chup-pet日・川)を意訳して「旭川」と命名したとされます。なお chup-petchup-ka-pet であるとする説や、chup ではなく chiw(「波立つ」という意)で chiw-pet で、「旭川」は「誤訳」だったとする説もあります。

詳細を見る

牛朱別(うししゅべつ)

詳細を見る

江丹別(えたんべつ)

詳細を見る

神楽(かぐら)

旭川市南部の地名・山名。もともとは hetche-us-i で「歌舞・いつもする・ところ」という地名を和訳したものと考えられます。

詳細を見る

神居古潭(かむいこたん)

旭川市西部の石狩川沿いの地名。kamuy-kotan で「神・居るところ」ですが、この場合の「神」は、むしろ「魔神」と解釈すべきです。

詳細を見る

近文(ちかぶみ)

旭川市市街地の北部に位置する地名・駅名。もともとは chikap-un-i で「鳥・そこにいる・場所」だったと考えられます。

詳細を見る


参考文献

アイヌ政策推進室・編「アイヌ語地名リスト」北海道庁
「角川日本地名大辞典」編纂委員会・編「角川日本地名大辞典 1 北海道」角川書店
萱野茂・編「萱野茂のアイヌ語辞典」三省堂
更科源蔵「更科源蔵アイヌ関係著作集〈6〉アイヌ語地名解」みやま書房
知里真志保「地名アイヌ語小辞典」北海道出版企画センター
永田方正「北海道蝦夷語地名解」国書刊行会
山田秀三「北海道の地名」草風館
北海道駅名の起源(昭和48年版)」日本国有鉄道北海道総局


アイヌ語地名に戻る
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク