2000年1月13日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

石狩市のアイヌ語地名

 


厚田(あつた)

石狩市厚田区の区名・地名・川名。もともとは at-ta-us-i で「オヒョウ(楡)の川・剥ぐ・いつもする・ところ」だったと考えられます。

傾向と対策 (25)

聚富(しっぷ)

石狩市厚田区南部の地名。suop で「」という意味だとされます。知里真志保の説では「両岸が絶壁で川底が岩の箱の形になって青く水をたたえている所」とのこと。

傾向と対策 (26)

床丹(とこたん)

石狩市浜益区北部の地名。tu-kotan で「廃された・村」だと考えられます。

傾向と対策 (24)

濃昼(ごきびる)

石狩市浜益区南部・石狩市厚田区北部の難読地名・川名。pokin-pir で「下の・渦」とする説や、ho-kipir で「河口に・水際からそそり立っている崖」とする説があります。

傾向と対策 (25)

浜益(はまます)

石狩市浜益区の区名・川名・旧村名。もともとは heroki-kar-us-i で「ニシン・獲る・いつもする・所」と呼ばれた地名で、maskin-i という別名があったとされています(意味は「いつも以上に・(ある)所」)。この maskin-i という地名は現在の増毛町に移転したため、「増毛」と区別するために「浜益」という地名になったと考えられます。

傾向と対策 (23)
傾向と対策 (24)

花畔(ばんなぐろ)

石狩市南部の地名で、有名な難読地名。もともとは pana-(u)n-gur-yas-otke で「川下・にいる・男・流し網・をかける」という意味の地名だったのが、pana-(u)n-gur に下略され、「ん」と「な」が音韻転倒して「ばんなぐろ」になったとされます。

傾向と対策 (26)

無煙(むえん)

石狩市厚田区南部の地名。hura-wen-tomari 「臭い・悪い・泊地」の wen だけが残った、あるい mu-wen-tomari 「(砂で)塞がった・悪い・泊地」の mu-wen が残ったとする説などがあります。

傾向と対策 (26)

望来(もうらい)

石狩市厚田区南部の地名・川名。moyre あるいは moyre-nay で「流れの遅い(・川)」とする説や、mu-nay で「塞がる・川」とする説があります。

傾向と対策 (25)


参考文献

アイヌ政策推進室・編「アイヌ語地名リスト」北海道庁
「角川日本地名大辞典」編纂委員会・編「角川日本地名大辞典 1 北海道」角川書店
萱野茂・編「萱野茂のアイヌ語辞典」三省堂
更科源蔵「更科源蔵アイヌ関係著作集〈6〉アイヌ語地名解」みやま書房
知里真志保「地名アイヌ語小辞典」北海道出版企画センター
永田方正「北海道蝦夷語地名解」国書刊行会
山田秀三「北海道の地名」草風館
北海道駅名の起源(昭和48年版)」日本国有鉄道北海道総局


アイヌ語地名に戻る
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事