2000年5月5日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

伊達市のアイヌ語地名

 


徳舜瞥山(とくしゅんべつ──)

伊達市(旧・大滝村)の山名。tukusis-un-pet で「あめます・そこにいる・川」ではないかと考えられます。

傾向と対策 (29)

美笛峠(びふえとうげ)

千歳市と伊達市(旧・大滝村)の間にある峠の名前。道庁のアイヌ語地名リストによると、千歳市史の解として pipi-o-i で「小石原・そこにある・もの(川)」と記されています。また、更科源蔵さんは pi-epuy で「小石・頭(小山)」であるとして、「石の小山」という意味では無いかと記しています。

傾向と対策 (30)


参考文献

アイヌ政策推進室・編「アイヌ語地名リスト」北海道庁
「角川日本地名大辞典」編纂委員会・編「角川日本地名大辞典 1 北海道」角川書店
萱野茂・編「萱野茂のアイヌ語辞典」三省堂
更科源蔵「更科源蔵アイヌ関係著作集〈6〉アイヌ語地名解」みやま書房
知里真志保「地名アイヌ語小辞典」北海道出版企画センター
永田方正「北海道蝦夷語地名解」国書刊行会
山田秀三「北海道の地名」草風館
北海道駅名の起源(昭和48年版)」日本国有鉄道北海道総局


アイヌ語地名に戻る
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事