2000年5月1日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

大樹町のアイヌ語地名

 


生花苗(おいかまない)

大樹町東部の川名・沼名。波が海岸を越えて入ってくることから oika-oma-i で「越える・そこに入る・ところ」となり、そこを流れる川には nay がついて oika-oma-nay (「越える・そこに入る・川」)になったとされますが、「平たい岩がたくさんある川」とする異説もあるようです(o-ti-kama-nay か?)。

大樹(たいき)

町名。大樹町中心部の地名。歴舟(れきふね)川流域。tayki-us-i で「ノミ・多くいる・ところ」の意味。

傾向と対策(その6)



参考文献

アイヌ政策推進室・編「アイヌ語地名リスト」北海道庁
「角川日本地名大辞典」編纂委員会・編「角川日本地名大辞典 1 北海道」角川書店
萱野茂・編「萱野茂のアイヌ語辞典」三省堂
更科源蔵「更科源蔵アイヌ関係著作集〈6〉アイヌ語地名解」みやま書房
知里真志保「地名アイヌ語小辞典」北海道出版企画センター
永田方正「北海道蝦夷語地名解」国書刊行会
松浦武四郎「新版 蝦夷日誌(上)」時事通信社
山田秀三「北海道の地名」草風館


北海道のアイヌ語地名に戻る
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事