2006年10月29日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

善意と下心

 


なんだか、のっけから重っ苦しいネタですが……。

先週、富山県の某高校で、必修科目がカリキュラムから漏れていた問題が発覚したと思ったら、あれよあれよと言う間にどこもかしこも、と芋づる式に発覚して大騒ぎになってますが、個人的には

「なんでバレたのか」(あるいは「誰が見つけたのか」)

が、とっても気になっていたりします。:-)

10/25(水) の Oha!4 News Live の中の、「気になるニュース」で、悪い冗談っぽく取り上げられていましたが、とても笑えないネタになっちゃいましたね……。

背景には、大学入試の合格率を何としても上げたいという事情があったみたいですけど、ことの善悪を判断するのは、結構難しいですよね。「生徒のため」と言いながら、合格実績を上げて学校の名声を高めたいってのが本音でしょうけど、目に見える実績を作っておかないと下手すりゃ統廃合されかねない、という見えない焦りもあったのかも知れませんし。

実際、うちの近所で、1980 年代に新設された高校が、2004 年にあっさりと近くの名門校に統廃合されちゃったケースもあるので、こんな憶測も、あながちウソじゃないと思うのです。冒頭に書いた「なんでバレたのか」も、案外「同業他社^H^H他校」のリークだったりして……(だとしたら、なんか嫌ですねー)。

伊吹文明文科相には、世界四大文明の一人として(←こらこら)大岡裁きを期待しましょう。

そういえば、ずいぶん前に富山に行ったとき、「ここって森喜朗(元首相)の地元でしたよね?」と、トンチンカンなネタふりをしてしまったことが……(森喜朗の地元は松井秀喜と同じく隣の石川県、富山出身の最近の有名どころは綿貫民輔)。

次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク