2006年10月30日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

雑音と私

 


先日、ちょっとしたお小遣いが入ったので、メモリーオーディオプレーヤーを新調しました。よりによって、今まさに旬の SONY 製品です。:-)

もともと、MDR-NC10 というモデルをずーっと使用していて(今から思うと名器だったのかも)、残念ながらケーブルのどこかが断線したからか、やむなく MDR-NC11 を買い直した、という過去がありました。ところが、その MDR-NC11 も、使い始めてからほどなく、片方から音が出なくなる(おそらく、ヘッドホン部分のケーブルの断線)現象が発生し、ワタクシの堪忍袋の緒も断線してしまいました。

ただ、やっぱノイズキャンセリングヘッドホンの威力はそれなりに偉大なわけで(特に新幹線とか飛行機の中とか)、どーしてもそれが必要だったワタクシは、PHILIPS の SBC-HN060 という、「ノイズリダクションヘッドホン」を購入してその場を凌いでいました。

今から思うと、一番最初に買った MDR-NC10 が一番優秀だったような気がしないでもないけれど……。

SBC-HN060 の素晴らしいところは、単四電池をまるまる内蔵してなおあまりある巨体を支えるために、ヘッドホンがネックレス型に(って意味通じますかね。ケーブルがリング状になっていて、そこから両耳へのケーブルが分岐している形です。つまり、インナー部分を耳穴から外しても、絶対に本体が落ちることが無い構造です)なっている点でした。ノイズカット能力は全然ダメだったけれど、この構造は今から考えても素晴らしかったです。

で、ようやく今回新調したオーディオプレーヤーの話ですが、ノイズキャンセリング機能内蔵型の NW-705F にしました。メモリタイプで内蔵 2GB なので、今までの 256MB と比べると雲泥の差があるだろう、と思ったのですが、手持ちの CD データが ATRAC3plus で 3GB ちょいだったようで、「そこそこ良く聞く曲」を入れていくと、ちょーど 2GB を越えてしまうことが判明……。

今までは Explorer でぽいぽい放り込むだけだったので、コマメにファイルを入れ替えてやっていけたのですが、今度は毎回 SonicStage を起動しないといけないので、ちと面倒くさいんですねー。機能面では今のところ、そんなに不満は無いんだけれど、あともちっとお金をつぎ込んで、4GB にしとくんだったと、びみょーに後悔してたりして……。

次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク