2006年11月4日土曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

共和党って……

 


うっわー、あと 15 分しか無い!!

明日から海外出張だと言うのに、ロクに準備もできてないし……。

さてさて、この Blog の方向性は未だに定まっていませんが、とりあえず今日、風呂の中で考えてみまして、「お笑い系社会派ブログ」を目指す方向性で合意が取れました(誰と?)。

時間が無いので本題を。
アメリカはサウスダコタ州(元同志社高校教諭のジェフ・バーグランドの出身地だったと記憶しています)で、「中絶禁止法案」なるものが可決されたとのこと。これは、たとえ、レイプその他の理由による望まぬ妊娠でも、母体に危険性が及ばない限りは、中絶手術を一切禁じる、というものだそうです。

当然のごとく、性犯罪被害者からは反対の声が上がる訳ですが、そもそも何でこんな無茶な法律が起案されるのか、ということから考えておく必要があるでしょう。時間もないので簡単に言えば、現在の大統領たる二代目ブッシュが WASP の王道を行っているから、とでもなるのでしょうか。

WASP: White, Anglo-Saxon, Protestant の略とされる

ぶっちゃけ、プロテスタントとしては、中絶はキリスト教の教え(生めよ増やせよ、かな?)に反するということで、「中絶は反宗教的である」と考えているのでは、と思われるフシがあります。そもそも、「政教分離」が現代政治の本道であると私なんかは勝手に思っている訳ですが、自称「自由と平和の伝道者」がこのざまな訳ですから、何とも虚しいですね。

ブッシュの支持層は WASP と軍産複合体だとも言われますが、どっちも困ったものです。日本の政党で、宗教系団体と密接に結びついているところがあるのも、とても黙認はできませんが……。いずれにせよ、困ったものですね。

うーん、実につまらん内容だ……。どうしたものか。

次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク