2006年12月5日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

ネイティブ関西人、英語を騙る^H^H語る

 


ほわっと・たいむ・いず・いっと・なう?

ずいぶんと昔に、「掘ったイモいじるな」という話を聞きました。ご承知の通り、"What time is it now ?" は、むしろ「掘ったイモいじるな」と発音した方がそれっぽく聞こえる、という話です。まぁ、「掘ったイモ」はどうかとも思うのですが、「いじるな」は確かにそれっぽい感じがします。きっと、他にもバリエーションがあるのだと思います。どなたかご存じの方はご一報を。

べらぼうに available

最近(といっても先月になるのですが)、いくつか単語レベルでのバリエーションを思いつきました。一つは「べらぼう」で、イントネーションによっては "available" に聞こえるのではないかと。もう一つは「せやろ?」で、"Seattle" に聞こえるのではないか、というネタです。厳密には、関西弁の「せやろ?」では、どうあがいても "Seattle" に聞こえないところが、減点対象なのですが。

アクセントが「や」にないと、"Seattle" には聞こえない筈なので。

パンツ一丁!

そういえば、元・ロシア語同時通訳の第一人者にして、最近はいちぶ死人フェチの間で人気を博している(こら)米原万里女史の著書にも、似たようなネタが掲載されていました。ロシア語で「はじめまして」は "Здравствуйте!"(ズドラーストヴイチェ)と言うのですが、むしろ「ズロース一丁」と発音した方が、それっぽく聞こえるのだとか。そういえば、ロシア語での "Bye !" は「バカー」と発音するのでしたね(だからどうした

東急ハンズ、次は、そばに西友!

この、「日本語で英語を話す」というメソッドを逆にし、「洋楽を日本語で聴く」というコンセプトで 10 年以上続いているのが、「タモリ倶楽部」の「空耳アワー」ですね。例えば、"Take your hands together, somebody say yeah !" が「東急ハンズ、次は、そばに西友!」に聞こえるというアレです。ちょっと前に、今は亡きトリビアの泉で取り上げられていた「田代、田代、田代ちゃんと亡命しろ」も、元の言語は違うとは言え、おなじ趣向ですね。

グレン・マクニールかく語りき

残念なことに、これで一本行けるほどネタを持ち合わせていないので、ネタをズリズリとテールスライドさせて凌ぐしか無いのですが、WRC(世界ラリー選手権)で、スバルをドライブするクリス・アトキンソン(オーストラリア人)のナビゲーターを務めるグレン・マクニール(同じくオーストラリア人)の英語を聞いて、久しぶりに微笑ましくなってしまいました。

番組の企画で、マクニールがクイズ(三択)の問題をアトキンソンに出題していたのですが、「A. ○○○○ B. ○○○○~」と読み上げるところで、いきなり「アイ、○○○○~」と読み上げてくれました。お気づきの通り、見事なオーストラリアなまりです。私も決して詳しくは無いのですが、"A" が「アイ」に、"I" が「イー」になってしまうようです(となると "E" は何になるのだろう。まさか「エー」とか?)。

イーシーアァイプロトコールの真実

以前に、Citrix(シトリックス)というソフトウェアメーカーの研修で、「海外から」招かれた講師の授業を受けたことがあるのですが、「ICA」というプロトコルのことを、いきなり「イーシーアァイ」と発音し始めたのを聴いて、最初の 6.73 秒ほど固ってしまいました。幸いわたしはにやりと笑いながら立ち直り、こう直感しました。「こいつ、筋金入りのオージーだな」と(笑)。

かんにゅーすぴー・くぃーんずぃんぐりっしゅ?

そうそう、もう少し細かい話だと、サラ・ブライトマンの歌を聴いて、にんやりしたこともあります。サラはご存じの通りイギリス出身なのですが(でしたよね?)、"can" の発音が見事に「カン」なのです。これって、イギリス英語の特徴ですよね。ほかにも、色々と違いはあるようなのですが、生粋の関西人にはとても理解できません(笑)。

おやじのキングスイングリッシュ

ただ、そういえば、私が通っていた高校では「英会話」の授業があって、確かカナダだかどこかから来た先生が担当していたのですが、「あんだぁ~」とか「ばったぁ~」とか私が話していると、「イギリスなまりか?」と言われたことがあります。そう、当時は F1 が大好きだった高校生の私は、知らずのうちにナイジェル・マンセル風の英語にかぶれていたようなのです。何ともお恥ずかしい話でした(笑)。

ではここで問題です

世界各国の英語に造詣の浅いことをひけらかしている、この著者の TOEIC のスコアは?
A. 500 点以下  B. 501 点~700 点の間  C. 701 点~900 点の間  D. 夢の 900 点以上  E. 知るか

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事