2006年12月14日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

「黄金のゴミバケツ」を読み解く

 


いつもありがとうございます

ちょっと落ち着いたような気もしますが、今日も相変わらず PV が多いです。あ、うちにしては、ですけどね。もちろん。

まぁ、何を期待してご覧下さっているのかは良くわかりませんが(ヲイ)、「おバカでスノッブな社会派アカデミック国際的お笑い Blog」を標榜する当 Blog においては、たとえどんな目で見られていようとも、そんなには気にならないのでいいのですが……。

つまり、Joe Rinoie の "Synchronized Love" が、本人は大まじめにもかかわらず、周りの笑いを誘ってしまうといったような悲劇にはなっていないだろう、ということです(どういうことだ?)。いやね、本人は真剣に書いているのに、それが「オモロい」と評判になって PV が伸びるのは寂しいじゃないですか。

ま、本人が真剣にウケを狙って書いているのに、それが「見事に滑っている」と評判になっている可能性はあるわけですが、PV がある時点で「ウケている」と開き直ることも可能なわけで、まだマシだと思うのです。

と、訳わかめな散文が続きましたが、ぼちぼち行きましょうか。ちなみに「散文」の反対語は「韻文」だそうです。これは試験に出ますよ、きっと(何の試験なんだか

はぴば!

あ、そうそう。昨日(12/13)は Joe Rinoie さんの 46 回目のお誕生日だったそうです。おめでとうございます。ちなみに、一昨日(12/12)は「叫び」でおなじみのエドバルド・ムンクさんのお誕生日でした。「叫び」の絵柄は、ホーム・アローンのマコーレー・カルキンにも通じますが、おそらく何の関係も無いでしょう(だったら書くな

前日の傾向と対策

まず、「奈良県生駒郡平群町」ですね。私こと Bojan が奈良県に居を構えていることをご存じの方も、ごくごく稀にはいらっしゃるかと思いますが、うちの家は平群町にはありませんので念のため。平群町(あ、「へぐりちょう」と読むのですよ)は、「騒音おばさん」で一世を風靡したあの町です。

1 個 5 円の IC タグ」については、リンク先を覗いてみてください。これはシャレでも冗談でもなく、マジですので念のため。

ヒゲダンス」を知らない今時の若者はリンク先を参照のこと。ちなみに「『ヒゲ』のテーマ」についての考察も見ておきましょう。

群馬県警山村刑事」は、「名探偵コナン」でおなじみですね(おなじみなのか?

以上、傾向と対策のコーナーでした♪

はい、ありがとうございました! 続けて今日の本題です。

「黄金のゴミバケツ」を読み解く

「パローネ・ドーロ」(バロン・ドール)の話題と見せかけて「ビドーネ・ドーロ」(黄金のゴミバケツ)のネタを展開したのはちょいと前の話ですが、今日はその話題をもう少し掘り下げてみます。

Calciatori は Il pallone を蹴るわけですから、Il bidone を蹴っても不思議は無いと考えられます。ところが、これを英語にしてしまうと、大変なことになります。バケツを蹴る、すなわち "Kick the bucket" とでもなるのかと思いますが、これは「(自ら)死ぬ」というイディオムになってしまうそうで。

なぜ "Kick the bucket" が「死ぬ」という自動詞の代わりに使われるのかには 2 通りの説があるそうで、首つり自殺をする人が、最後に踏み台代わりにしたバケツを蹴飛ばすから、という説と、家畜が「解体」される際に、屠殺場の梁を蹴っているように見えるから、という説があるみたいです。後者は一見意味不明ですが、「bucket」を「bucket beam」(屠殺場の梁)と解することで、意味が通じるとのこと。

ちなみに、「屠殺」は部落差別に通じるからか、うちの ATOK では変換できませんでした。嫌な世の中です。

で、キミはいったいドコにいるってのさ?

ま、「黄金のゴミバケツ」というネーミングは、単に「Pallone」と「Bidone」のシャレで、大きさも似通っていることから来たのだ、と思うのですが、これが実際には「期待はずれ」=「死んだ」という隠喩を含んでいるのだとしたら、これはもうお見事としか言いようがありません。オーストラリア観光局の "So where the bloody hell are you ?" もびっくりです。この URL にもびっくりだけど。What a bloody URL you got !

この "So where the bloody hell are you ?" は一時期話題になりましたね。イラクを始めとする紛争地域に失礼ではないか、といった論調だった記憶がありますが、オーストラリア観光局は懲りずにキャンペーンを続けています :-)。現在、大阪市営地下鉄にも広告が好評掲載中です。

おわりにかえて

もう一つ、「S○n ○f a bitch !」(一部伏せ字)ネタも続けようと思ったのですが、思った以上にバケツが重たかったので、今日はこの辺で。また明日(みょうにち)お目にかかりましょう♪

前日のバカっぷりから一転して、ちょいとスノッブな路線に軌道修正したつもりなんですが、どうでしょうか? え? 「品位が無い」って? そんなの元々無いからだいじょーぶ♪

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク