2007年1月20日土曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

ラジオスターの悲劇

 


あーわあーわっ♪

Video killed the Radio Star♪ Video killed the Radio Star♪~…… てことで、とうとう The BugglesThe Age of Plastic を買ってしまった Bojan さんです。こんばんは。

それにしても、なんとも懐かしい。ま、かの「ラジオスターの悲劇」が大ヒットした時点では、私はとってもきゅーとでぷりちーなもういい)小学 1 年生だったわけで、当然リアルタイムでは聞いていないのですけどね。

ちなみに、Belinda Carlisle (未だに Belinda のスペルを間違えてしまう時が……)の Heaven on Earth や、BONDShine、そして Secret GardenSongs From A Secret Garden もあわせて買いました。Secret Garden は、私にとっては初めてのアーティストですが、基本的に北欧とは相性がいいので、きっといい感じ……になるんじゃないでしょうか(まだ聞いてない

てことで、とりあえず聞いてみました。いい意味で、脳に負担を与えない音楽ですね。何度か聞くうちに、ハマるシチュエーションが見えてくるかも知れません。

尋ね人のコーナー

あ、CD の話題と言えば、1/15 の記事で話題にした Adam Watkiss について。Google で検索すると、見事に当 Blog がトップ当選しています(笑)。つまりは、めっちゃくちゃマイナーだと言うことでしょうね、きっと。そうそう、なぜか「A 級戦犯」でもヒットした形跡があるようですが、それはさておき。

ということで、当 Blog では Adam Watkiss に関する情報を随時募集しております。何をしたいわけでも無いのですが、とりあえずよろしくお願いします

それでは、次はいつものこのコーナーです。中山さんよろしくお願いします(

前回の傾向と対策

それではお伝えします。

Kryzler & Kompany の「交響曲第 5 BURN !炎のベートーベン』」は、Deep PurpleBurn と、ベートーベンの「交響曲第 5 番運命』」を大胆にミックスした作品です。一度聞けば「うっわー、やられたぁ」と感じることうけあいです。アルバム「シャコンヌ」またはベスト盤「Red Room」に採録されています。

以上、傾向と対策のコーナーでした☆

続きまして、前回のクイズの解答です。

京都難読地名クイズ(3)(解答編)

1. 「こが」 「くが」じゃなくて「こが」です。ヅラ……じゃなくて桂川の西岸に位置するため、むしろ向日町に近い印象がありますが、京都市内です。
2. 「ならびがおか」 丘陵としての名前は「雙ヶ岡」のようですが、地名その他には、表記しやすく字面が良さげな?「双ヶ丘」が当てられるようです。JR 嵯峨野線(山陰本線)の花園駅から近いです。
3. 「はづかし」 照れ屋さんです。「免許センター」があります。
4. 「みぞろがいけ」 バス停の名前は「みどろがいけ」なのですが、より難読な、実際の「深泥池」の読みをご紹介しました。

最近の気管支ぜんそくとわたくし

それはそうと、例の気管支喘息大絶賛悪化中です……。実のところ、今年に入ってからは「オノン」と「キュバール」が絶大なる効能を発揮して、けっこう調子が良かったのですが、ここ数日、寒暖の変化がちと激しかったのと、想像以上に先週末の長時間労働が堪えたみたいです。やっぱ、トシなんじゃろうかのぅ……。

まぁ、咳の発作は皆無なのでいいのですが、妙な頭痛が続いたり、肺まわりに違和感を感じたりと、ちょっといやーんな感じです……。来週の火曜日に次の診察があるので、それとなく聞けたらいいなぁ。

京都難読地名クイズ(4)!

ということで(?)、今日も難読地名クイズ(郊外編)、行ってみましょう! それでは牧原さん(?)お願いします。

問題。次の地名の読みを答えなさい。1. 樫原  2. 百々  3. 納所  4. 一口

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク