2007年1月25日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

スポーツ新聞を愛読するおやぢの謎

 


人生、何事も勢いが大切です

昨日の Blog は、久々に、無駄に長い Post だったかなと思うのですが、実は、実質 40 分かそこらで書き上げたものだったりします(まぁ、ネタはある程度事前に整理はしてあったのですけどね)。結膜炎鼻炎のくだりは、実体験に基づく内容だとは言え、ずーっとスクラッチで書けていたので、昨日は、久々に勢いに乗って書けた日だった、ということになりますね。毎日こうだと、更新も楽なんですけどね。

前回の傾向と対策

それではお伝えします。

まず、自称「元プロボウラー」の件ですが、取材班が筆者に問いただしたところ、「確かにマイボールは持っていたが、アベレージは最もいい時でも 180 程度で、とてもプロと呼べる腕前には程遠かった」との事実を認めました。過去に一度、上賀茂 MK ボウルのデイタイムコンペで優勝したことがあるのが、唯一の自慢だそうです。やはり、実に大したことないですね

以上、傾向と対策のコーナーでした☆

禍福は糾える縄のごとし (って、どんな意味だったか

「昨日は勢いがあって良かった」などと書きながら、いきなり今日は書き出しで躓きました(笑)。まぁ、人生こんなものですよね(はっはっは)。

Blogger の端くれとしてたまに思うのですが、「単調な毎日」を過ごしている人には、こまめな Blog の更新は地獄に近いんじゃないかな、などと感じたりします。要するに、「ネタがない」症候群に陥るのではないか、との推測からなのですが……。

そういった意味では、私の場合、まず、毎日電車に乗りますし、営業じゃ無い割には結構な頻度で名刺も捌けていきます。ある意味、日々新しい出会いわははははは)に恵まれた仕事をしているわけで、Blogger としては恵まれているのかもしれません。

中吊り広告の罠

とはいえ、電車に乗って通勤・通学するだけでもネタは転がっているものでして、例えば電車の中吊り広告ですね。あれはネタの宝庫です。いかにもごもっともな内容から、荒唐無稽なネタから、「紳士淑女のための Blog」たる当 Blog(←いつの間に……)では俎上にあげることすら憚られるようなお下劣なネタ(例えば「加藤鷹の愛車がオイル○○○で炎上した」とか。って書いてるじゃん!)まで、枚挙に暇ありません。こういった断片的な情報から、いかに大衆受けするすべらない話に持って行くかというところが、我々、放送作家の腕の見せ所です(←いつ放送作家になったんだ)。

スポーツ新聞を愛読するおやぢの謎

さて、以前から気になっていることが一つあるのです。いわゆる「スポーツ新聞」と呼ばれるものには、相当な確率で、中盤に男性向けのエロいページが用意されています。世のおやぢの皆様は、駅のキヨスクでスポーツ新聞を買い求め、阪神タイガース競馬の記事に一通り目を通し、中盤の競艇競輪の記事はほどほどにして、おもむろにエロいページを堪能されるわけですが、出勤前にそんなページを見て、一体何が楽しいと言うのでしょう

オフィスにナイスバディのねえちゃんが愛嬌を振りまいているならまだしも、世の中決してそんなに甘くは無い筈なので……。まぁ、お仕事中のえろサイトめぐりのヒントにはなるのかも知れませんが、他にどんな御利益があるのか、誰か一度聞いてみてください(他力本願

「男女同権」というお題目が喧伝されて久しいわけですが

そもそも、エセとは言え、「男女同権」という理想論が喧伝されて久しいこの社会ですので、そろそろスポーツ新聞も女性向け傾向のエロいページを用意してもいいと思うんですけどね(笑)。皆様はどう思われますか?(

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク