2007年2月2日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

一瞬で信じこませる話術 コールドリーディング [単行本]

 


今持ってるクレジットカードは 6 枚、かな?

Amazon での買い物に、ホテルの宿泊費の支払いに、おサイフケータイのチャージにと、クレジットカードが無いと生活できない(ような気がする)Bojan さんです。こんばんは。

しっかし、それにしても、この年末年始はホント冷や汗が出ました。請求額が


これでしたからね……。んまぁ、少なからず出張経費の立て替え分もあったわけで、収支は十分プラスなので問題は無いのですが、ちょっと…… ね(笑)。一介のしがないサラリーマンには、ちとどっきりする金額だったのでした。

買い物は計画的に

ただ、支払いが膨らんだ理由のひとつに、Amazon での衝動買いがあげられるのも事実でして……。その割には、懲りない Bojan さんは、またやってしまいました。マーケットプレイス(いわゆる中古市場)で本を一気に 5 冊買ってしまいまして……(あ、ちゃんと全部届きましたよ)。

購入品のリストは次の通り。
「壊れた尾翼―日航ジャンボ機墜落の真実 [文庫]」 \300-
「飛行の秘術のはなし [文庫]」 \1-
「エアバスの真実―ボーイングを超えたハイテク操縦 [文庫]」 \1-
「隠された証言―JAL123便墜落事故 [単行本]」 \500-
「一瞬で信じこませる話術 コールドリーディング [単行本]」 \600-

極めてリーズナブルなお値段に収まっておりますです。:-)
ただ、1 冊あたり \340- の送料がかかるんですよね……(5 冊合わせると \1,700-)。結局送料のほうが高いってのも、ちょいとどうかと思ったりもしますが……。

前回の傾向と対策

それではお伝えします。

題名の「いいものもある、悪いものもある」は、本編にも説明がありました通り、スネークマンショーの有名なネタからの引用です。この「スネークマンショー」は、Y. M. O.(イエローマジックオーケストラ)との親交が深く、ついには Y. M. O. とのコラボ企画?で、一枚の LP 盤(「増殖 - X∞Multiplies」)に「(Y. M. O. の)楽曲」と「(スネークマンショーの)コント」を落とし込むという快挙を成し遂げました。

「いいものもある、悪いものもある」は、この「増殖」に収められたコントのひとつのなのですが、なんせ随分と昔の話で、筆者も若かった(というかガキだった)こともあり、今ひとつ記憶が釈然としない模様です。ラジオの公開討論番組のパロディ?か何かで、パネラーの意見が全く一致を見せない割には、「いいものもある、悪いものもある」という点だけは、全員首尾一貫している、というネタだったような記憶があります。ナンセンス系の笑いですね。

以上、傾向と対策のコーナーでした♪

ありがとうございます。今さっき気づいたのですが、Y. M. O. は、明日(2/3)に、なんと新作シングルが発売するみたいですね! 何とも、もの凄い偶然です……。私って霊感があるんじゃ..。

ちょっと気になったので買ってみました

とまぁ、バカな話はこの辺にしまして、今日の本題に行きましょうか。何とも偏りのある「マーケットプレイスでの購入品一覧」の中に、一冊だけかなーり毛色の違うものが紛れていることにお気づきでしょうか。「一瞬で信じ込ませる話術 コールドリーディング」という本なのですが、興味があったというか、ちょっと別の意味で気になっていたので、衝動買いしてみました。

1/22 の記事でちらっと書いたのですが、わたくし、どうやらリーディングもどきという特技?があるようなのです。とは言いましても、霊能力者なんて胡散臭いものではなく、どちらかと言えば正統派のリーディングなんだろうか、とは思っていたのですが……。

コールド・リーディング、なのかなぁ~?

リーディングとは何ぞや? という方は、Wikipedia の「コールド・リーディング」の項をご覧になると良いでしょう。要するに「ちょっと気の利いた話術」に過ぎないのですが、どうも、知らず知らずのうちにこんな芸当を身につけてしまったようなのです。

ただ、単なるリーディングのレベルを超えた内容を読めたことも何度かあったわけで、これは果たして「リーディング」と呼べるものなのか、という疑問も持っていました。というわけで、とりあえずは手近な参考書を買っておこうか、という結論に相成ったわけです。

やっぱ違ったみたいです

で、この本は、さっそく日曜日に手元に届いたので、その場で貪り読んだわけなのですが、結論から言うと、やはり、私の特技は、単なるリーディングとは少々違うようなのです。正直に言うと、ちょっと安心したのですが……。

どの辺が違うか、というところを文章にするのもなかなか難しいのですが、私の特技は、とにかく些末な情報(例えば、夕食は何時頃に食べるか、とか、通勤通学の手段とか、そういった細々とした情報です)を沢山集めて、それらを脳内で組み立てて、全く関連の無さそうな情報を導き出す、といった感じです。まぁ、広い意味でのリーディングではあるような気もしますが、仮にそうだとしても、かなりの部分で推理類推が幅を利かせている筈なんですね。少なくとも、トリックの要素は遙かに少ないと自負しています。

で、他人のプライバシーに関わるのでこれ以上詳しくは書けませんが、意外と当たるんですよ、これが。もう少し鍛錬を積めば、商売にできそうな気がします(結局それかよ

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事