2007年3月14日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

炭酸の抜けたスパークリングワインは、単なる赤ワインという説も無きにしもあらず

 


PiTaPa ユーザーの私ですが

あ、さてー、ボンバルディア DHC-8 型機が、高知空港胴体着陸を決めたわけですが、時代は変わりましたね。一般紙の夕刊に「『タッチアンドゴーを試みたが」などと言った業界用語が踊る時代になったわけでして……。それだけ Suica も一般的になったということでしょうかね(その「タッチアンドゴー」じゃないって)。

前回の傾向と対策

それではお伝えします。

まず、新しい一言メッセージ「そして僕は、新世界の上小田井となる! えらいローカルやな」ですが、元ネタは、もう皆さん百も承知ですよね。というわけで「上小田井」の説明ですが(なんか「トリビアの泉」みたいだな)、名鉄犬山線名古屋市営地下鉄鶴舞線が合流する駅のことです。少なくとも全国区の地名ではないものと思われます(えらいローカルやな

次に、「中田有紀のよくある風景』」ですが、これは 2007 年 4 月から再レギュラー化が予定されている、NHK の「サラリーマン NEO」で放映されていたコントの題名から頂きました(正確には、単に「よく見る風景」)。

どういうコントかと言いますと……。中田有紀姐さま扮する、ひたすらクールに対応する「係員」と、それに翻弄される「客」のかけあいコントで、姐さまのひたすら冷たい対応に「客」が業を煮やしたところで、姐さまの警笛とともに、ガードマンが「客」をつまみ出す、というのがお決まりのオチになっています……(これだと何が面白いのかさっぱりわからん)。

そろそろ、ネタとしては「姐さまが逆襲を喰らう」というのもアリかと思われますので、昨日の Blog を閲覧くだすった nhk.or.jp の方、是非参考になさってください。あ、「2007 年 4 月から再レギュラー化」と、番宣もしておきましたよ!

いつもの水曜日です

さて、水曜日ですね……。悲しいことに、今週もネタはあったりします。

今を去ること数日前、個人的に、ちと悲しい出来事がありました(どんなことかは、ちと恥ずかしいので黙秘します)。その日は精神的にグタグタだったので、むりやり眠りにつくことで、悲しみを紛らわそうとしたのですが、悔しくて悲しくて、なかなか寝付くことができませんでした。

仕方がないので、滅多に飲まない炭酸の抜けかかったスパークリングワインそれって単なる赤ワインじゃ?)を軽くあおり(って、舐める程度の分量ですが)、そのまま横になったのでした。

抜けきっていたのは、ワインか、それとも私の魂か(は?

翌日も、悲~しくって~悲しくて~、とて~も(以下 JASRAC が怖いので自粛)だったものですから、自己内省とでも言うのですかね。自分自身に問いかけながら(って、単に「自問」って書けばいいのかも)、つらつらと文章(メール)に書き落としてみました。ま、ある意味、自分自身に対して「精神分析もどき」を仕掛けた、といった感じでしょうかね。

で、その結果ですが、具体的な内容はとても恥ずかしいので伏せるとしまして、効果はてきめんですね! 自分自身が思ってもいなかったような結果(感情?)が文章となって出てきました。不覚にも涙しそうになったりも……(←バカじゃねえの

まぁ、ぶっちゃけてしまいますと、私の場合、10 代後半から 20 代前半にかけて、ちと精神的にキツい時期があったのですよ。それは何とか乗り越えた、筈だったんですが、図らずも、まだ微妙に引きずっている、ということが自覚できたわけです。

自分のことが自分でわからないでどうする?」というツッコミも、ごもっともですが、意外と、自覚症状のないトラウマって、あるものですよ……。

ま、そんなわけで、今は、随分と元気になりました。あとは、微妙に風邪気味な体調を何とかしたいですね……。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク