2007年3月22日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

日本も、中国四千年のスケールの大きさに学ぶべきです

 


故事「矛盾」

うちの相方は、某国立大で方角を、いえ、法学を嗜んでいた(ぇ)のですが、次々と実刑判決が下されたライブドア事件について、「ホリエモンって実刑判決らしいけど、執行猶予つきやんなぁ?」という、謎の一言を残して自室へと引き揚げていきました。

執行猶予付き実刑判決って一体……。

さて、大幅に Publish が遅れて申し訳ありません。いろいろ、いろいろーとあったのですが、どれも何とかなりそうな雲行きです(謎)。

北朝鮮大サーカス、公演終了

さてと。巷の噂では、北朝鮮に対する金融制裁がどうのこうのとか、従軍慰安婦問題がどうのとか、阪神が連勝したとか、色々とあるようですね(他人事)。日本は、北朝鮮による国家的な拉致犯罪の全容を解明し、未だなお帰国できずにいる(とされる)「拉致被害者」の帰国無くしては国交正常化はあり得ない、といった、いつになく頑なな姿勢を見せています(いきなりニュース番組っぽいですね

一方、韓国や中国を始めとした「反日勢力」は、またいつもの手口で「日本の過去の悪行」を蒸し返しては「謝罪を!」と息巻いているワケですが、そういえば最近は「謝罪と賠償を!」という、マクドナルドにおけるマックフライポテトなみの必然性を持ってペアで語られるキーワードが、あまり表に出てこないような印象があります。彼らもそこそこ儲かっている筈なので、次あたり「謝罪と無償での技術供与を!」あたりがデファクトになるのかも知れません。

トンボのメガネは……

さて、今回の一連の騒動、はっきり言ってマトモに追いかけていないのですが(すんません)、ニュースクリップの題名を見る限りでは、アメリカで盛り上がっているのがやや新機軸ですね。まぁ、アメリカにとって、日本は Remember Pearl Harbor !!! の対象で、「卑怯者ジャップ」の国なわけですから、彼らが過去の日本の犯罪?をつるし上げにかかるのも、わからないでもありません。

ただ、「従軍慰安婦問題」については、北朝鮮における外国人拉致計画とは違って、国家が組織的に動いた証拠は、それほど無い、と言いますよね。まぁ、故アイリス・チャンのような「困った人々」もいらっしゃるお国なので、多少の色眼鏡で見られるのは仕方がないと思ってもいますが、少し、アメリカの皆さんも冷静になったほうがいいんじゃないかなぁ。

まぁ、私は一部論者が使う常套句の「慰安婦は全て民間業者の商売だったのだから、国や軍には責任はまったくない」という口上は、さすがにどうかと思ってますけどね。まだ、やや左に触れ気味の日本を元に戻したい、とは思いますが、コテコテの右寄りになるつもりはさらっさらーの更々ありません。

「従軍慰安婦バッシング」のウラにあるものは?

まぁ、今のアメリカで「従軍慰安婦バッシング」が起こっている?のも、絶妙なバランス感覚というか、神の手というか(マラドーナか)、見えない力が働いているんだろうな、という印象があります。

北朝鮮が国家として組織的に行った「拉致犯罪」について、映画が作られたり歌が作られたりと、一気に「北朝鮮バッシング」が起こりましたよね。結果的には、これがやぶ蛇になった印象があります(キャンペーンの必要性を否定するものではなく、また、特定の個人や団体を中傷する意図も毛頭ありません。あくまで「皮肉な因果関係がある」ということを言いたいのみです)。

つまり、今回の金融制裁解除の件もそうなのですが、アメリカにとって、「北朝鮮叩き」の機運が盛り上がっては、とても困る、というのが本音なんだろうと思うのです。やはり、仮に「戦争」ともなった場合は、経済的な支出もバカになりませんし、場所が場所だけに、自衛隊の投入も微妙でしょう。それよりも、アフガンとイラクで相当疲弊している上に、イランも妙な雲行きとなっている現在、これ以上「極東の小国」に注力するわけにもいかないのは、誰が見ても自明ですしね。

日本も、中国四千年のスケールの大きさに学ぶべきです

では、日本はこの現状をどう打開すべきか。私に妙案があります(きっとロクな内容じゃないよ)。

ここは、「中国四千年の秘技」の力を借りてみてはどうか、と思うのです。そう、俗に「いつの間にか倍々ゲーム!」と呼ばれる(呼ばれねぇよ)テクニックです。

中国は、いわゆる「南京大虐殺」において、「公式被害者数」を、いつの間にか膨れ上がらせるという、高等テクニックを用いました(いつの間にか、被害者の数が 40 万人になっていると聞きます)。ですから、日本も同じテクニックを使えばいいのです。

北朝鮮による国家的な「拉致被害者」が、数十人から数百人というのでは、残念ながら、やや国際的なインパクトに欠けるきらいがあります。ですので、ここは思い切って「拉致被害者は一万人以上にのぼる(可能性がある)」としてみてはいかがでしょうか。もし、中国のえらい人に突っ込まれた場合は、「被害者が新たに見つかって増加の一途を辿る仕組みがあることは、良~くご存じですよね?」と、にっこり微笑み返してあげましょう。きっと東アジアの新秩序が生まれる筈です(そんなわけなかろう

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク