2007年4月18日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

ヴィッキー・ヴァシリキー・レアンドロス・パパサナシウとやけに長い (それはさすがに長すぎます

 


小室等さんの笑顔がまぶしかった(ぇ

Vicky という歌手の「恋はみずいろ」という歌の一節で、"Comme l’eau, Comme l’eau qui coure" という部分が「小室~小室~聞~く~」と聞こえる、というネタが大好きな Bojan さんです。こんばんは。随分と夜も更けて参りました。

ヴィッキーあれこれ

さて、この「ヴィッキー」さん、下手をすれば某メールソフトの名前と同名の外タレと勘違いされたり、更に上手になると「ああ、あの『ワンポイント英会話』のおじさん?」といったナックルボールを返されるかもしれません。「知ってる。あの、鈴木宗男の秘書だった男でしょ?」という返しができるようになれば、ドクター K(古いな)もびっくり、三振の山を積み重ねることができること請け合いです。

さて。この歌手のヴィッキーさん。現在は "Vicky Leandros" という名前で、ドイツを拠点に活躍中だそうです。1949年8月23日生まれのようですが、日本版 Wikipedia には「1952年8月23日生まれ」と、誤って記載されていますね。

む? この異同は単なる日本語版の typo とも言えないようですね。フランス語版の記事も「1952 年生まれ」になってますし。いや、違うか。英語版だけが 1949 年生まれになってますね。うーん、どっちが正しいのか……。記事を注意深く読む限り、1949 年生まれが正しいように思えるのですが。

ヴィッキーの秘密

「現在は~」と言う書き方をしたのは、どうにも本名が不明でして。わかっていることは、"Vicky Leandros" と名乗る女性は、ギリシャ生まれで、ただ、圧政から逃れるためか、幼くしてギリシャを出国しています。そういう意味からも、ギリシャ風の名前である本名は、あまり明かしたくないのかもしれません。

えっと、私はヴィッキーの「ベストセレクション」という CD を持っているのですが、そのライナーノートには、「彼女の本名はヴィッキーヴァシリキーレアンドロスパパサナシウとやけに長い」とあります。でも、そんな馬鹿なことは無いでしょう(笑)。これは、あたかもトニー・ザイラーの名前を「彼の本名はトニーアンソニーアントンザイラーとやけに長い」と書くようなものですから。悪い冗談だと受け取っておきましょう。

ヴィッキーの本名

本人の公式ウェブページを見ると、すっかり素敵なおばさまになってしまわれたヴィッキー嬢の近影を拝むことができます。その中を探してみると……。答えが書いてありました。本名は "Vasiliki Papathanasiou" と言うのですね。つまり、「ヴァシリキーパパサナシウ」が本名だ、ということです。

「ヴィッキー」は、「ヴァシリキー」のニックネームですね。「レアンドロス」は、ヴィッキーの父親の名前のようです(本名は Leandros Papathanasiou、芸名は "Leo Leandros")。

ヴィッキーの真実

ヴィッキーは、「恋はみずいろ」がヒットした関係から、どうにも「フレンチ・ポップス・シンガー」という見方をしてしまいがちですが、実際にはギリシャ生まれでドイツ育ち。ルクセンブルグ代表としてコンクールに出場したり、日本語で歌をうたったり、なかなかインターナショナルなお嬢さんだったようですね。

でも、本当に「小室~聞~く~」と歌っているわけではないので、そこのところはお間違えなく。

うーむ、つかみのネタだった筈が、これで一本書けてしまった..。喜んでいいんだか悪いんだか。そうそう、ルクセンブルグと言えば、私はマークジラルデリが大好きでした(アルペンネタはもういい

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事