2007年4月20日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

「温見峠」チャレンジは、自己責任でお願いします(w

 


ラ・ストラーダ

皆さんは、「ストラーダ」と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。「フェデリコ・フェリーニ」の「(原題:"La Strada")」が思い浮かぶ人もいるかもしれませんし(映画通ですね?)、松下のカーナビを思い浮かべる人もいるかもしれませんね(カー AV 通ですね?)。「ピエトロ・ストラーダ」という名前が出てきたあなたは……。さては、パルマ通ですね?

ちなみに、ピエトロ・ストラーダは現在 37 歳。今はセリエ C2/A のルメッツァーネに所属しているそうです。ストラーダのカルチャトーレ人生に幸あれ!

アンドレカンドレ

さて、多少話題を変えまして。最近、とある Blog で見たのですが、自分の両親のことを「パードレ」「マードレ」と書く人がいますね。これ、イタリア語なんでしょうが、なんかおしゃれだなぁ、なんて思いました。あらためてイタリア語の辞書なんかを開いて見ているんですが、イタリア語って、フランス語ほど気取ってないけれど、リズミカルで、かつ、意外と美しいんですよね。

R 大学文学部の C 学科では、残念ながらイタリア語は選択できなかったので、とりあえずフランス語を選んだ私ですが、今から思うと、まぁ、良かったかな、とも思います。先生はゴルバチョフそっくりだったけど(超・ビッグヒント?)。残念なのは、引っ越しのどたばたで、辞書はおろか教科書まで手元に無いこと、ですね……。ホント、惜しいことしたなぁ。

ちなみに、その時の選択肢は、フランス語ドイツ語中国語ロシア語韓国朝鮮語だったような記憶があります。スペイン語は……あったかな。うーん、こうやって並べてみると、ロシア語も捨てがたいような。

諸事情あって、めちゃくちゃ眠かったりします。うーん……。

前回の傾向と対策

それではお伝えします。

まず、題名の「パンダは笹を食するか?」ですが、中国生まれのパンダの主食が「」という和製漢字で表されることの違和感を表したものです。だからなんだ、という話ですけどね。

次に、「」と「」ですが、これらはいずれも地名として使われていて、地下鉄の駅名にもなっています。「椥辻」は京都市営地下鉄の東西線が、「いりなか」は名古屋市営地下鉄の鶴舞線の駅があります。「いりなか」は「杁中」ですが、さすがに読めないだろうということで、ひらがなになっているそうです。

以上、傾向と対策のコーナーでした。

ゴールデンウィークのお楽しみ

さてと。そろそろゴールデンウィークですね。もう数年前の話になりますが、ゴールデンウィークに、福井と岐阜を結ぶ「国道157号線」を走破したことがあります。

国道157号線の「温見峠」というところがあるのですが、ここの路面や路肩がまぁ荒れ放題でして。おそらく、高度成長期にとりあえず道路を開通させたあと、殆どまともにメンテしていないような感じです。経由地も軒並み人口過疎地ということもあり、要は見捨てられた状態なのですね。だから、「工事」という名目のもと、立ち入り制限をかけているような印象があります。

ただ、福井県大野市と、岐阜県の根尾谷(断層で有名)を直結するルートは他には無いわけで、そういう意味では「まわり道」の無いルートでもあります。だから、ある程度の交通量が期待できるゴールデンウィーク(と、もしかしたらお盆も?)だけは、通行を許可しているんじゃないかと……。

あ、でも、「自己責任」でお願いします(w

この「温見峠」は、「酷道」マニアの中でもそこそこ有名な筈なので、Google で検索したら、おそらく写真も見つかると思います。いろんな意味で雰囲気がありますし、景色も最高にいいので、近県にお住まいの方は、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか(残雪も拝めるかもしれません)。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク