2007年4月21日土曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

さようなら、ふるさとの家よ

 


いつになくポスト間隔が短いその理由は

実は今日、仕事でして、今日中に戻ってこれるかわからないのですね。なので、ついさっき昨日の分をポストしたばかりというのに、もう今日の分を書かないとヤバイわけでして……(別にどうでもいいんじゃ?)。

えーと、最近、Windows Vista モデルの HP Pavilion Desktop を買いまして、今まで使っていた Dell の Dimension 4600C を、家族用に転用しました。その辺の関係で(どんなだ)一時的にパソコン用のスピーカーが無い状態になっちゃいまして、大昔に買って、会社用にしていたアーベル製のスピーカーを持ち帰って繋いでみました。

すると、意外や意外、結構いい音じゃないですか。しょせんバッファローはバッファローだったか……(笑)。うん、明日にでもスピーカーを買いに行くつもりなんですが、少しはお金をつぎ込んだ方がいいかもしれませんね。せめて三千円くらいは(w

そういえば、つい先日、蚊に刺されました

で、久しぶりに Sarah Brightman の "Fly" を聞いています。"The Fly" という、ハエの飛ぶ音いい味を出してる曲が含まれているアルバムですね。

私が持っているのは日本語版なので(と言っても、サラが日本語で歌っているわけではありません。ヴィッキーじゃ無いんですから)、あの "A Question Of Honour" は 6 曲目に入っています。レクサスだったか何かの CM で使われていた曲ですが、カッコいいので大好きなんです。

前々回のさらに前回の傾向と対策

それでは……、すっかり忘れてました(汗

某メールソフト」と同名のタレントは、もう皆さんご存じですよね。天下一品の CM でもおなじみでした。

「『ワンポイント英会話のおじさん」は、アントンウィッキーさんですね。日テレの「ズームイン・朝」で、1979 年 3 月から 15 年間、「ウィッキーさんの『ワンポイント英会話』」のコーナーを担当していました。ということは、もうあのコーナーが終わってから 10 年以上経ってるわけですね……。

鈴木宗男の秘書だった男」は、ジョンムエテムルワカ氏ですね。お元気でしょうか。

ドクター K」は、かつて全米に、いや全世界にその名を轟かせた、の英雄(めっちゃローカルやな)、ヒデオノモの別名です。

以上、傾向と対策のコーナーでした☆

アメリカでは CLARiiON、日本では CLARiX(それは CX 違い

で、"A Question Of Honour" の話題に戻りますか。えっと、イントロはアルフレド・カタラーニの歌劇「ワリー」の中の、「さようならふるさとの家よ」そのものですね。サラ自身も、「さようなら、ふるさとの家よ」を "La Wally" という題名で歌っていますし、かつて CX の「トリビアの泉」エンディングで使われていた、Jorio の "Romance" という曲も、「さようなら~」がベースでした。

だからどうした」という話ですいません。でも、こういったクラシカルなオペラのエッセンス現代風にした曲が大好きなものでして。クラシックの原曲と、オペラのようなヴォーカル(男声・女声問わず)、そしてギターやドラム、という組み合わせでオススメがありましたら、どなたかこっそり教えてください……。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク