2007年4月22日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

絶賛発売中!!!

 


去る 4/18 に、技術を評論する会社から、SD 誌の 5 月号が発売されました。でも、未だに手元に「掲載号」は届きません。こんなものなのかな。

自分の原稿を読む気が起こらないのは当然として(絵を描いている人が、自分の作品をすぐに消したがる理由がわかったような気が)、他の執筆者の名前を見てみると……。うん、割と、どこかで見たことのある方が多いですね。見るからに「仕事も趣味も IT です」という趣のある方が多いなか、「業務上得た情報を適当に書き殴ってみました」というレベルの駄文11 ページも取ってしまった(当初のオファーは 8 ページ)のは、何とも申し訳ないような……。

最近、会社の指示で、スイス銀行に隠し口座を作りました

ちなみに、うちの会社の規定では、「業務上得た情報をベースにした執筆活動」は、稿料の 50% が手元に落ちてくるようです。新調した PC 代の足しになるかならないか、そんなところですね。

それにしても、今回のアルバイト、打ち合わせはおろか、FAX電話も使うことなく、すべてメールベースで事が進んでしまいました。「そういう業界」とは言え、さすがです。

そうそう、ちょっと理由あって、Willcom の PHS を契約したのですが、実は、これもすべてインターネットですませてしまいました。いやぁ、いい世の中になったものです。PHS の詳細は、また後日。

前々回の傾向と対策

それではお伝えします。

アンドレカンドレ」は歌手の名前で、「カンドレマンドレ」という曲を歌っていました。その後ほどなく「井上陽水」という名前に改名して、幅広く活躍されていることは皆さんご存じの通りです。

それにしても、芸名といい曲名といい、適当な思いつきなんでしょうが、どうやってこんな名前を思いついたのでしょう。由来が気になるところです。

以上、気になるニュースのコーナーでした(違う

前回の傾向と対策

続けてお伝えします。

Sarah Brightman の "Fly" ですが、その後、筆者が所持していたのは日本語版ではなかったことが判明しました。取材班(誰だよ)が確認しましたところ、「原稿を書いていたときに間違いに気づいていたが、直すのを忘れていた」とのコメントが返ってきました。おそろしくマヌケですね。

改めて確認しましたが、"Fly" には、そもそも日本語版は無かった模様です。大変失礼しました。

最後に、"CLARiiONCLARiX についてですが、EMC(E=MC2)というメーカーが、アメリカ(やその他各国?)で "CLARiiON"(クラリオン)という名前のディスクストレージ製品を出しています。ただ、このままの名前だと烏丸せつこ蓮舫大河内志保が製品に添付されると誤解されかねないため(誤解されない)、日本では「クラリックス」というブランドに変えている、という話です。

その「クラリックス」ブランドの中に「CX」という製品があるのですが、これがフジテレビ(JOCX-TV)の略称「CX」と同じですね、というだけの話です。こうやって説明すると実にくだらないですね……。すいませんでした。

以上、前々回と前回の傾向と対策のコーナーでした☆(長いな

うちの会社には「清水さん」が何人かいるわけですが

会社というテーマで話を延ばしてみますと、先日、うちの会社の社長が大阪に遊びに来ました(いや、仕事だって)。朝から「個別面談」ということで、まずは所長が呼び出されて行ったわけですが、なぜかその次にいきなり呼ばれてしまいました。曰く、「君がエースだから」「君の評価は社内でトップクラスだから」って……。

そりゃあ、そう言われると勿論うれしいですけどね。そんなに評価されていたのか、なんてちょっとびっくり(確かに、一度「社長賞」を貰ったことはあったけど、あれは文字通り「貰った」ものですからね

直属の上司には、色々と怒られることも少なくない(いや、周りと比べると少ないのだろうけど)ですが、「マイナス面での考課」は、どうも直属の上司(かその上の上司)が潰してくれているみたいですね。世間的に言えば「世渡り上手」になるのかなぁ。くれぐれも、闇で刺されないように気をつけないと;

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク