2007年5月24日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

ぽーかれかれあーなー♪

 


直ったかな?

えーと、昨日から Yahoo! ブログの調子が悪くて、RSS が更新されなかったりして、極いちぶのリピーターの方(ほんの数名?)に「ついに死んだか」とご心配をかける結果となってしまいました(だれも心配してない

とりあえず、「不具合のお知らせ」に色々と出ていますね。RSS の件は直ったとのこと。とりあえず、この記事をポストして、ちゃんと更新されるか確認することとしましょう。

えーと、ちゃんと直ったみたいです。

最近、以前にも増して脳の劣化が激しくて

で、一泊二日の楽しい出張から帰って参りました。帰りの電車の中で、いろいろとネタを考えていたのですが……、すっかり忘れちゃいました

とりあえず……。毎日 Google の話をしてもしょうがないので、微妙にずれた話でもしましょうか。あ、そうそう。昨日は 2 件もトラバがあってビビッちゃいました。一件はびみょうですが、まぁ、ある種のネタとして放置しておきます。

もう一件の方は、さっそくお邪魔して拙いメッセージを残してきました。久々にステファンヨハンソンという名前を聞けて懐かしかったです(笑)。

スティービー・ワンダーの CM ソングじゃないですよ

そうだ。"Fire in your heart" (1994 年リレハンメルオリンピックのテーマソング)で思い出したのですが、「Sissel」こと Sissel Kyrkjebo (えーと、シセル・シェルシェブーと表記する場合が多いですかね)が、予想外に若かったことに驚いたのでした。

ちょうど、リレハンメルの次が長野五輪だったわけで(もう 9 年も前ですけど)、森山良子が「信濃の国」を歌ったような歌わなかったような(ぇ)記憶があるわけですが、つまりですね、自国開催のオリンピックでメインヴォーカルを張るなんてことは、「歌謡界の大御所」にしかできないことじゃないですか。なので、シセルも森山良子と同じくらいのキャリアの持ち主なんだろう、と、しばらく思っていたのです。

ま、見かけもこざっぱりしていて、大人びた印象でしたからね。言い訳ですか? そうでしょうかね。そうか。

国民的歌手は、当時 24 歳でした

えっと、答え合わせですが、シセル・シェルシェブーは 1969/6/24 生まれの 37 歳です。かのミヒャエル・シューマッハと同い年なわけですね。少なくとも森山良子よりは随分若いです。と言うよりも、リレハンメル五輪の頃は 24 歳だったわけですからね。今から思えば大胆な人選だったのかもしれませんが、当時は何ら違和感を感じなかったですね。

シセルの歌では、もちろん "Fire in your heart" も物凄く好きなんですが、かつてライブで披露していた "Pokarekare Ana" が好きでした。

お、この Wikipedia の記事、「This article (or section) may need to be wikified to meet Wikipedia’s quality standards.」だそうで。

そもそも、Wikified って何だろ? :-)

大塚製薬の穴(ぇ

えーと。「ぽかれかれ・あな」という、まるで大塚製薬の陰謀のような曲名の歌ですが、これはマリオ族……じゃなくてマオリ語のラブソングだそうですね。最近では、少し前に日本の某ドラマの主題歌を歌っていた Hayley Westenra (a.k.a. 「ヘイリー」)が歌っていますね。

まぁ、マオリの歌、つまりはニュージーランドの歌なので、ヘイリーや Kiri Te Kanawa が歌うのは理解できるのですが、まるっきり地球の裏側に生を受けたシセルが自然に歌っているところが、何とも面白く思え……ません?(誰に聞いている

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク