2007年6月1日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

「公平な人事考課」は、企業の永遠の課題だったりしますが (いきなり真面目に語ってみたり

 


毎度どうもです!

dumbreck-fan.com別館 レースなblog さんに、またもトラックバックいただきました。いつか私もトラックバックしてみたいものですが、なんせ不二家もヤクルトもびっくりの賞味期限切れのネタばかりなもので、なかなか難しいかも……。

その前に、Blog はじめて 8 ヶ月目に突入なんですが、いまだに一度もトラバしたことが無かったりします。なんか照れくさくて……(ぇ

当 Blog の Heavy な Subscriber なら Understood だと思いますが(懐かしいネタですが、最近またリバイバル気味らしいですね。果たしていつまで持つのやら)、私こと Bojan も、「アルペンスキー」「(ちょっとマイナーな)モータースポーツ」「イタリアサッカー」が大好きなもので、傾向の似た Blog を拝見できるのはとってもありがたいことです。ということで、今後ともよろしくお願いします(こんなところで言ってどうする

「哀しきサルタン」を聴いたことは無いです

さて、無駄にジャンルフリーを謳っている当 Blog ですが、今日のネタは……。

夏のボーナス査定面接」なるものを受けてきました。はい、ワタクシ哀しきリーマンです。間違えても後にブラザーズはつきませんです。

ちなみに、哀しきサルタン……じゃなくてリーマンな私ですが(しつこい)、社内での評価は意外と悪くないのです。てゆーか、かなり良いらしいのです。確かに、直属の上司からはもの凄く評価して貰っていますし、本部長にも悪いことを言われたことが無いし、社長以下取締役からはいつも褒められてるし……。

別に、上司におべっかを使うことも無いですし、レベッカ・ホールデンの役名は「エイプリル・カーチス」だったし、NOKKO の歌声はキライじゃなかったですが……って、一体何の話をしてんだか。そうそう。夏のボーナス査定面接の話でしたね。

「公平な人事考課」は、企業の永遠の課題だったりしますが(いきなり真面目

今の会社に入って結構経つ割には、未だに正確なメカニズムをわかっていなかったりするのですが、査定期間内の自分のパフォーマンスを、「S」「A」「B」「C」「D」の 5 段階で自己申告したものをベースに、上長や本部長の評価が加味されて、最終的な査定に繋がるそうです(まるで他人事

でも、ですね……。妙なところで典型的日本人なわたくし。内心、半分以上は「とーぜん『S』でしょ」と思ってはいても、おこがましくて口に出せないという……(笑)。「謙虚が美徳」の昭和人気質全開になっちゃうんですよねー。なので、毎年さりげなくほぼ空白で面接に臨んでいたんですが、今年は「ちゃんと書け」と……。そこそこ控えめに書きましたけど、どう思われたのやら。

試験を受けたのですよ

あ、それから……。中高生の諸君は、「中間テスト」なるものに四苦八苦青色吐息赤色巨星白色矮星のようですが、ワタクシも受けてきました。某ソフトウェアメーカーの認定資格試験とやらを。まぁ、立場上、「合格できてあたりまえー」という試験なだけに、万一 70 点を割って落ちたりしたら切腹ものだな…… などと、ほんの少しだけ思いながら受験しました。

あ、でも、私の同僚というか後輩なんですが、約数名、落ちまくってました。;-)

今だから言えることですが、目標は単に合格ラインを突破することではなく、「90 点取りたいなー」でした。で、業界人御用達の「ピアソン VUE」のテストセンターに行ってきましたよ、3 年ぶりに!

その場で結果が出たのですよ

試験は 90 分75 問、基本的には 4~5 者択一の問題をぽちぽちクリックして行くだけ、なんですが……。なんせ昔から「試験」「テスト」と名のつく物でタイムアップの経験が無いわたくし、今回も 30 分くらいで終わってしまいました。時間がじゅーぶんあるのは承知の上なので、最初から最後まで、75 問全部見直したりもしたんですが(えらいでしょ?)、結局、40 分ほどで[ 終了 ]をクリックして、あっさりと試験を終わらせました。

ピアソン VUE は、某プロメトリックと同じような感じで、[ 終了 ]を押すと、その場で採点が行われ、「あなたの点数は~点でした」と表示されるので心臓に良くないのですが、結果はと言うと……。ええ、さすがに合格はしていましたよ。

点数は……。ちょうど目標の 90 点でした! いや~、良かった良かった。週明けには、少しだけ、いつも以上に大きい顔(当社比 108 % 前後と推定)で出社できそうです。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク