2007年6月3日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

ポーランドと言えば、なんとかスキー(偏見

 


Hack the Google !

Google で、任意のキーワード 2 つで、リザルトを 1 つだけヒットさせるというお遊びがあったと思うのですが(全くヒットしない組み合わせや、2 件以上ヒットしてはダメ)、現時点で成功したものがありますのでご紹介します。:-)

http://www.google.com/search?hl=ja&q=%E3%83%A2%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%82%B0+%E8%90%8C%E3%81%88%E8%90%8C%E3%81%88&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

ま、手前ミソなのはご愛敬ってことで。

カストロの父親はスペイン人だそうで

しゃてと。ハードディスクに空きをつくるべく、その後も色々と「ドキュメンタリー番組」を見ていたのですが……。小倉智昭はやっぱ○ラなのかな? などと不届きな想像が確信に変わったなんてことはどうでも良くて(なら書くな)、4 月頃にやっていた、フィデル・カストロについてのドキュメンタリーを見ています。

とりあえず、アメリカで制作された 50 分もの前後編を見終えて、次にフランスで制作された、カストロ本人へのインタビューを中心にした 50 分もの五部作の、一本目を見終えたところです。「革命」とか、「キューバ危機」とか、「チェ・ゲバラ」とか、知っているようで実はあまり良くわかっていなかったもので、とても勉強になりますね。チェ・ヨンスなら多少は知ってましたけど(これまたどうでもいい

ちょぴんなのにポーランド!?

んで、と。そうそう、フレデリック・ショパンでしたね。最近ピアノ萌えになったわたくしは、今頃「ショパンもいいなぁ」なんて思っていたりするわけなんですが、恥ずかしながらショパンがポーランド人だったということを知らずにいました(ははは……)。いやね、「しょぱん」という音って、なんかフランス人っぽいじゃないですか。そう思いません?(誰に聞いている?

ヨーロッパ人の名前なんて、だいたい、音の雰囲気でお里が知れるってのが基本じゃないですか。仮に、Frederic Chopin がフランス人だったとしたら(違うんだけどさ)、イタリア人だったら Federico Chopini になるわけで、スペイン人だったら Ferdinando Chopana あたりになって(ぇ)、アメリカ人だったら Erik Schlopy になってしまうわけです(なりません

ポーランドと言えば、なんとかスキー(偏見

でですね。ポーランド人と言ったら、やっぱ名字は「なんとかスキー」で、しかもユダヤ人じゃないといけないわけですよ(そんなわけあるまい)。例えば、マレク・コズミンスキーとか(ほんとにユダヤ人?)、ピョートル=イリイチ・チャイコフスキーとか(ロシア人だよ)、アレクサンドロフスク・サハリンスキーとか(地名だって)、シベリアンハスキーとか(犬だってば)、小賀坂スキーとか(企業だよね)。

ま、シベリアンハスキーは置いておくとして(ほかは?)、ポーランドと言えば、「ワレサ議長」の「連帯」さえ覚えておけば良かった世代(いつの時代だよ)だったので、ショパンなんぞはノーチェックだったわけです。そういえば、政治経済だったか西洋史だったかの穴埋め問題で、「連帯」と書くべきところを「安全地帯」と書いた玉置浩二スキーがいたっけ……(いないよ

意味もなく、途中に「z」が入るのがポーランド風

さてと。十分内容が混沌としてきたので、答え合わせに行きましょうか。Wikipedia の記事によると、ふむふむ……、なるほど。

フレデリック・フランソワ・ショパン (Frederic Francois Chopin, ポーランド名フリデリク・フランチシェク・ショペン Fryderyk Franciszek Szopen, 1810年3月1日(2月22日、1809年3月1日説あり) - 1849年10月17日)はポーランドの音楽家。

なぁんだ。やっぱ "Chopin" じゃ無いじゃん。おっかしーなーと思ったんですよ。"Szopen" なら、まだわかります。意味もなく途中に「z」が入るのが、いかにもポーランドっぽいので(ははは(笑)

やっぱ、ローカライズも重要なわけで

そういえば、ショパンは、諸般の事情でパリで客死したんでしたよね。いかにも「外国人です」という名前を、現地風にアレンジすることは良くある話で、例えば元 F1 ドライバーの "Jean Alesi" も、フェラーリのイタリア人クルーからは、"Giovanni" と呼ばれていましたし。2 輪の "Massimiliano Biaggi" が "Max Biaggi" になったり、"Michael Doohan" が "Mick Doohan" になったりしたのは……、全然関係ないですね。すいません。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事