2007年6月20日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

プジョーのクーペにハイドロがついたら、絶対買うのになぁ

 


かわいい愛車(またか

はい。かわいい愛車プジョー 206 SX)が 2 度目の車検から戻って参りました。諸費用込みで 18 万円を切ったので、まぁ、上出来でしょう。明細を見ると、「右ロアーアーム(中)」なるものが交換されているのですが、これは一体なんでしょう。微妙にひん曲がっていたりしたのだろうか……。

なんせ、相方が仕事で使っている車で、私はほとんど乗らないので、良くわからないのですね。知らない間になにかを踏んづけてる可能性も高いわけで。

そうそう、失踪騒ぎを起こしていた「車検証」ですが、結局、見つかりませんでした。あーっはっはっはっ……(笑ってごまかすな)。結局、再発行と相成りましたとさ。まぁ、陸運局に行ってどーのとか、そういった面倒なことにはならなかったので、とってもハッピーだったのですが。

6794 は魔法の数字(実は単なる ID

で、ようやく車検が終わったと安心していると……。もう一台の車検が、今年の 12/24 が期限なんですよね。ええ、過去にも何度か登場したシトロエン エグザンティア V-SX なんですが、車齢が車齢(ORGA: 6794)なだけに、あと二年行くか、とことん乗り潰すか、それとも……、という選択肢に、揺れる思いを身体中に感じている今日この頃だったりします。

ちなみに、エグザンティアのマイレージが約 80,000 km、206 が約 58,000 km なので、距離的には、どっちもまだまだ行けるんですけどね。

やっぱり、今の二台にはとっても愛着がありますし、捨てがたい思いはあるのですが、それをさて置くと、いくつか興味のある車はあるのです、やっぱり。

無駄にこだわった車選び

テクノロジー的には、一度は乗ってみたいハイブリッドロータリーというのがあるのですが、それは今回はあっさりパス、とすると……。ロータリーではないですが、マツダの Axela あたり、相方の仕事車(街乗り専用)に良さそうだなぁ、と思うのですね。街乗り専用ですから、当然 1,500 cc モデルですけどね。ボディタイプは、実用性をあえて無視してセダンかな、とか(相変わらず見かけ重視

自分が乗るなら、月並みですけど、スバルの Legacy とかでしょうかねー。ミニバンとか、無駄にでかいワゴンとかはあまり好きでは無いんだけど、どうかなー。あとは、日本車では「コレ!」というのが無いんですよね。レクサスとか、怖いもの見たさの興味はありますけど、そもそも金が無い(はははっ

てことで、どうしても欧州車に走ってしまうのですよ。はっきり言って偏見の固まりなんだけど、好きなんだからしょうがない開き直ってみた

プジョーのクーペにハイドロがついたら、絶対買うのになぁ

欧州車だと、ちょいと乗ってみたい車がいくつか……いや、結構あるのですよ。現行モデルだと、プジョーの Coupé 407 とか格好いいなー、と思ってしまいます。あと、「仏車原理主義者」のようでいて、実は現行モデルのゴルフにもちょっと惹かれていたりして……(裏切り者発見!

あとは、もう生産されてないですけど、406 Coupé とか、306 とか、妙な魅力を感じるんですよね。306 は相方の街乗り用に、という考えですが、新車を手放して中古に変えるのはどうよ、という心理的圧迫感を、どうやって誤魔化すかという重大な問題が残されています。

諸事情あって、左ハンドルがいいのです

406 Coupé は自分用に欲しいなぁー、なんて。新車だと手が出ない(それは Xantia も同じだった)けど、中古だったら、そろそろ出物が無いかなー、なんて。ただ、希少価値もあるでしょうから、そううまい話は無いかもしれませんね……。比較的年式の新しい、左ハンドルの 406 Coupé、どっかに転がってないかなぁー。

ま、たまにはこーやって夢を語るのもいいですよね。暑さで頭がお疲れ気味ってことで、ご勘弁くださいな。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク