2007年6月24日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

うまい野鳥と誤変換の宴

 


貴方のお傍にマリオ族

マリオ族」で検索をかけてみました。なんつーか、その……。typo って怖いですね(そう来たか

まぁ、一昔前だと、この手のミスは「誤植」と呼ばれたもので、要は印刷時に活字を組む(死語だな)際に、ミスをしてしまった、という解釈がなされたものでした。まぁ、宝島社の VOW なんかを見れば、腐るほどネタは出てくるのですが、今、ふと思い出したのが、「大使館」の「使う」と言う字を、「便り」という字に間違えてしまった(確かに字面は似てますからね)という誤植でした。どう間違えたかは、あまりに忍びないので記しませんが……(読めばわかる

今、Secret Garden の "Adagio" を聞いているのですが、あまりに悲壮感の漂うメロディーラインに、誤植(という行為)の儚さが際だちます(笑)

目眩(くるめ)く死語の世界

その後、時代は移ろい、今や文章作成は IME (Input Method Editor) を使用して行うのが一般的になってきました(IME は Windows 用語だけど)。そういえば FEP (Front End Processor) という言葉も死語ですね。UAE という言葉も死語ですね。アラブ首長国連邦じゃないですよ。「修復不可能なアプリケーションエラー」(Unrecoverable Application Error) ってヤツです。

そういえば、「メモリ常駐プログラム」のことをアルファベ 3 文字で何と言うんだったか……と思ったのですが、TSR と言うんでしたね。まぁ、この概念自体、「コンベンショナルメモリ」という考え方の名残なので、まぁ、死語になっていても不思議は無いわけで。

つーか、何の話をしていたんでしたっけ……。ああ、マリオ族の話でしたっけ。

うまい野鳥と誤変換の宴

IME か FEP かはともかく、「かな漢字変換」という方法で日本語が扱われるようになって出てきたのが、いわゆる「誤変換」というヤツですね。三ツ矢さんの「誤変換の宴」は、古くからのイソターネッター(死語か?)であれば、一度はご覧になったことでしょう。えと、ネタでは「うまい野鳥」が好きでした(ウマイヤ朝)。

あと、件の VOW で見たネタですが、出版物で堂々とやってしまったのが、「投資場 EMI」ってヤツですね。あまりにハードボイルドなもので、元ネタすら見えませんが、「東芝 EMI」です。

Signed by BeriSign, Inc.

ま、「投資場」のような、あからさまな誤変換は、普通すぐに直される(直されてしまう)ので、この電子データ全盛の世の中ではあまり見ることが無いのですが、正しいようで微妙に間違っているものは、意外とそのまま放置されるものです。たとえばこちら。どこが間違っているのか判りづらいですが、もうお気づきですか? 文字が一部ひらがななんですね。

例えば、この投資場……じゃなくて東芝のページ、「あなたの dynabook.com とは」なんてのを見てみるとですね……。

 「あなたのdynabook.com」で使用しているActiveXコントロールは、お客様に安心してご利用いただくために、日本べりサイン 株式会社 による電子認証を得て、ご提供をしております。
 この日本べりサイン 株式会社 による電子認証は1年ごとに更新されます。

べりサイン」を連発されてもね……(笑)。英語表記が "BeriSign" だったりしたら、最高に笑えるのですが。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク