2007年6月25日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

.ma ドメインの謎 (って程でもない

 


Bienvenue a mon site

昨日は、.ma ドメインからのお客様がいらっしゃいました。イソターネット歴は 10 年をちょいと超えたわたくしですが、.ma というドメインは、さすがに初見でした。

.ba ドメインなら、何度も目にしたことがあるんですけどね……。そう、ボスニア・ヘルツェゴビナのドメインです。これも、いずれ分割されちゃうんですかねぇ……。.b と .a とかに(こら

ファインマン曰く「万物は分裂する」(←そんなこと言ってない

そうそう、世の中には不謹慎なことを言う人もいるもので、イスラエル……というか、パレスチナのいわゆる「ガザ地区」で、ハマスファタハ内ゲバ(これも死語?)が表面化し、夕刊紙上に「パレスチナ分裂!」という見出しが躍ったときに、「パレスチナが『パレス』と『チナ』に分裂するらしいで」などとほざいていた御仁が……。え? そんなことを言うのはテメーじゃねえのかって?

チッ、ばれたか。

ちなみに、元ネタもありまして、確かレッドブル F1 チームのプレスリリースだったと思うのですが、「ハンガリー人は、ブダペストが、ドナウ川を挟んで『ブダ』と『ペスト』に別れていることを殊更にアピールするが、これは別に珍しいことでも何でもない。ロンドンも、テムズ川を挟んで『ロン』と『ドン』に別れているし、パリも、セーヌ川を境界に『』と『』に別れているではないか」というようなネタでした。

ええ、こういう、実にくだらないネタが大好きでしてね。まぁ、一種の漫才みたいなものですね。そういえば、一昨日の深夜に、「いとし・こいし」の漫才を見ていたのでした(しかもわざわざ録画して)。昭和 55 年頃の番組の再放送だったのですが、色んな意味で凄かったですねー。テレビカメラの画素が、あんなに少ない時代があったなんて……。

International Organization for Standardization 曰く

さらさーてと、本題に戻りますか(何ですかその戻り方は)。.ma ドメインの所在がどうにもわからなかったわたくし。仕方なく答えを見てみました。

English country names and code elements

ふむふむ、マレーシアは .my ですね(これは知ってた)。マルタは .mt ですね(これも知ってた)。ちなみにスターリンとローズベルト、チャーチルが密談を交わしたのは、クリミア半島の「ヤルタ」で、マルタとは似ても似つかぬ場所でしたね。もちろんサックス奏者の「マルタ」とも関係は無いわけで。「マルタ」の本名は丸田さんだとかで。

余談失礼。

ちなみに、地中海に浮かぶ島国のマルタは、いいところですね。某 NHK で「世界の小さな国」という 10 分番組があって、以前取り上げられていたのですが、なかなか好感度が高かったです。もし、将来、日本を追放されるようなことがあれば、移住したい国ベスト 10 には入りそうです。リヒテンシュタインでしょ、アンドラでしょ、ルクセンブルグも何となく良さそうだし、サンマリノも意外と良さそう。うん、マルタは 5 位にはつけそうですね。ややポイントが低いのが、島国ってとこですかね。やっぱ大陸と陸続きのほうがいいなぁ。

目標は世界の制服です(それって某社と同じ

って、何の話をしていたんだか……。ああ、.ma ドメインの話でしたね。答えを見ると「モロッコ」とのこと。うん、これでアフリカ大陸にも上陸を果たしましたね。それと、昨日は南米の某国からのアクセスもありました。いやー、これで六大陸完全制覇を果たしたことになります。世界の制服(征服に非ず)も最終段階にさしかかってきました。嬉しい限りです(何が

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事