2007年6月26日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

チャールズ・ダーウィンは、オーストラリアのダーウィンに行ったことが無い(へぇー

 


そして今現在は「Addicted」を聴いてます

今更ですが、Sweetbox にハマり気味です。今は "The Greatest Hits" という(「というは無かろう)アルバムを聴いていまして……。で、Bojan のプレイログなんてものでは、私が最近どんな曲を聴いていたかを、広くワールドワイドに公開中(後悔中)という……。現時点で 4,624 件になりました。目指せ 10 万曲!(気宇だけは壮大

ブックオフの新会長は清水国明のお姉さんです

で、「プレイログ」の次はブックオフ……じゃなくて「ブックログ」でして。


先日、たまたま昼休みの時間つぶしに立ち寄った(酷い言われようだな)某書店で、データはウソをつく-科学的な社会調査の方法(谷岡一郎著・ちくまプリマー新書)という本を見つけました。

実際には、遠山美都男の「天皇誕生」を買おうと思ったのですが、「題名まで覚えているのなら、amazon で買った方が荷物にならないし」という実にせこい理由で却下し、代わりに「ここで買わなきゃ、一生買わないだろう」という、まるでいちご一会何故にひらがな)のような出会いにビビっとデムパを感じた本能の赴くままにいそいそとレジへ……(文章壊れてますよ

稟議書でウソをつくのは結構得意です

ま、結論ですが、なかなかナイスグレイトリスペクトな書物でした(日本語壊れてますよ)。そして、「やっぱ私って微妙に学者肌なんだな」と、改めて自覚させられました。ちなみに冬場は微妙に乾燥肌だったりもしますが、それはどうでもいい(きっぱり

とりあえず、詳しい感想は Booklog のレビューをご覧いただくとして(うむ、いい評価が並んでますね)、「データ」というスタティックな情報から、恣意的な結果を導き出すためのテクニックが語られています。もちろん、我々はそういった「恣意的な結果」に欺されてはいけないわけで(特に、「偏向報道」がお得意な某 A 新聞とかにね)、「統計のウソを読み解く」能力を得るための、とても良い教科書になるのでは、と思います。

ゆるぎなきものマイナスひとつ?

で、冒頭の「学者肌」=「学者気質」ってことになるのですが、この場合の「学者」は「科学的な思考をする人」と読み替えてもらったほうがしっくり来るかもしれません。そして、この定義は思いっきり勘違いなのかもしれませんが、「この世に確かなものは何一つ無く」、「万物を仮説として取り扱う」姿勢こそが「科学的」なんじゃないかなぁ、と。だとすれば、それがわたくしの目指すところなんだなぁ、なんて。

C・ダーウィンは、ダーウィン (AUS) に行ったことが無い(へぇー

図らずも、今回紹介した「データはウソをつく」でも書いてあった事なのですが、プロテスタントが多数派を占めるアメリカでは、ある調査結果によると(ああ、「科学的」な引用だ(笑))、成人の約 47 % が、「人類は約 1 万年前に創造主(神)によって作られた」と信じているのだとか。つまりは、ダーウィンに始まる進化論を信じていない、のだそうです。「じゃ、大昔の化石は何?」という問いについては「誰かが創作した」のだそうで。

まぁ、ハタから見ると滑稽きわまりないわけですが、彼らは真剣なんですね。つまり、「新約聖書に書いてあることは全て正しい」と考えている……のではなくて、信じているのですね。信じるものがあるのは美しいことですが、こと科学的な姿勢が求められる学問の世界においては、過度な信仰というのもどうなんだろ、と思ってしまいます。

クリスチャンを始めとした、確たる信仰をお持ちの方からご覧になって、不愉快な点がございましたら申し訳ありません。これはひとえに筆者の筆力不足によるものです。悪しからずご了承くださいませ。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事