2007年7月11日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

温故知新~てぃー・いー・しー・えいち・えぬ・おー・ぴー・おー・える・あい・えす……

 


ときよ!ときよ!

てことで、昨日から東京です(昨日の記事では「明日は」とか書いてましたが、間違いです。今更ですが、直しておきました)。てぃーいーしーえいちえぬおーぴーおーえるあいえす、ときよ!、ですね。そう、Amazon に頼んでおいた、Y.M.O. の「ソリッド・ステート・サヴァイヴァー」が届いたので聞いているのですが、いやぁーっははっはっっはぅっ。懐かしいったらありゃしない。

ついでに……でも無いのですが、「浮気なぼくら」もゲットしました。もうすっかり胸キュン状態です。あれからもう 24 年……。認めたくないものだな、若さ(ry

B 面 4 曲目……

ソリッド~」に至っては、もう 28 年前のアルバムなんですねぇ。まだ「コンパクトディスク」というものがこの世に存在していなかった時代ですよ。マーティ・フリードマンの教えが正しいとすると、B 面(これも死語か)4 曲目の「ソリッド・ステート・サヴァイヴァー」はカスということになりますが、果たして実際のところは……。

オープニングの「テクノポリス」は、「てぃー・いー・しー・えいち・えぬ・おー・ぴー・おー・える・あい・えす、ときよ!」のチャント?が印象的なんですが、何といってもそれよりも 3 曲目の「ライディーン」ですよ。かつて、この曲を毎日聴いていた時代があったのです。

わいえむおーとわたくし

まぁ、Y.M.O. 自体は、近所の年上のお兄さんが(Y.M.O. が)好きで、レコードをコレクションしていたのを聴かせてもらったのが最初でした。三菱電機製の、縦型レコードプレーヤーで(わかる人がいるのだろうか)。当時、私はとってもかわいい小学生でしたねぇ……(ひとこと余計

で、ライディーンですよ。まぁ、件の「ソリッド~」も近所のお兄さんは持っていたので、そこでも聴いたのですが、毎日聴いた(聞かされた)のはそれではなくてですね……。

「掃除のテーマ」(「山さんのテーマ」に非ず

私が通っていた小学校(田舎でしたね)は、昼休みと 5 時間目の間に「掃除の時間」がありました。そう、その「掃除の時間」になると、毎日決まって「ライディーン」が放送されていたのです……(はははっ)。今から思えば、とってもテクノでポップな小学校だったのだな、なんて……。確かに曲のテンポはいいので、テキパキと雑巾掛けも進みそうな感じがしますね、今から思えば……。

で、ついぞアルバムを手にすることが無かった Y.M.O.(高校生になっても、大学生になっても、社会人になっても、買うことは無かったのですね)。二十数年の時を経て、久~しぶりに聴いてみたのですが……。イイですね!(笑)

いや、そりゃあ二十数年の時の流れは否定できませんよ。でも、イイものはイイ!(循環参照)。大阪から東京に新幹線で向かっている間、半分以上リピートして聴いていましたからね。自分でもびっくりですよ。

「打ち込み」もいいけど、「生ドラム」もいいものです

一応、新しい発見もありましてですね……。当時、「シンセサイザー」というものは既に存在していた筈ですが、まだまだ音源その他が稚拙だったのか、Y.M.O. の場合、ドラムは「生ドラム」だったらしいのですね。未確認ですが、ライディーンのドラムも、もしかしたら「生ドラム」なんじゃないかと。気のせいかもしれませんが、唯一ドラムだけ血の通った音をしているような……(高橋幸宏が叩いていたんでしょうかね?)。

うん、これがまた新鮮なんですよ。別にコージー・パウエルのような凄さは無くて、淡々と叩いているだけなんですけどね。

あ、「温故知新」の一言で片付くのか。そうか。しまった。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事