2007年7月21日土曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

But I can't help falling to sleep... (眠らずにはいられない

 


タイトルは、クラウス・ノミさんの歌声でどうぞ。

今何時? そうね代替ね(へ

最近ちと困っていることがありまして……。というのも、体内時計がめちゃくちゃになりつつあってですね……(← うん、いつになく出張が多くて、電車の中で多少は睡眠が取れるものですから、どうにも夜の眠りが中途半端になってしまってですね……。

なので、今日なんか、久々に自宅で熟睡したわけですが、気がついたら 14 時とか、そんな感じなんですね。その割には、21 時頃には、明らかに体温が低下して「おねむモード」になっちゃうわで……。orz

移動中に昼寝ができるのが出張の特権

先週の 3 連休の直後は、ばっちり睡眠を取って、体調が(珍しく)完璧に近かったんですよね。で、溜めていた(← ……。)仕事をバリバリこなしていたのですが、これはこれで困ったもので、あまり眠気を感じなくなってしまうのですね。要するに「ハイ」な状態なわけですから。この辺のバランス感覚が、どうにもうまくいかなくて……。

要するに、きちんと規則正しい生活をすれば良いだけなんですけどね。でも、あたいみたいな水商売の人間には、なかなかそれもできなくて……(誰だよ)。

我が家の小宇宙

そうそう。我が家の書斎(つまり、今こうやってキーボードをカチカチやっている所ですね)は、小宇宙(コスモ)ともトワイライトゾーンとも呼ばれていて、一説によると「異次元空間」ではないかと囁かれているのですが、それはさておき、この書斎に置いてあるパーソナルチェアが、これまた困ったものでして。

テレビを見たり、PS2 をしたり(← ……。)する際に座るのですが、座ったら最後、どれだけ頭がギンギンでも、必ず眠気が襲ってくるのです。ところが、「うん、これは疲れてるんだな」と思って、隣にあるベッドに横になっても眠くならないという……。こればかりは、どう考えても納得がいかないのですね。

異次元への扉(は

「それじゃあ」ってことで、パーソナルチェアに座った状態で眠ろうとしてみると..。これもイマイチ良くないのです。やはり椅子なので、深い眠りにはたどり着けないのですね。この椅子の、首根っこのあたりのフィッティング感覚に謎が隠されているのでは、などと踏んでいるのですが……。

まぁ、中国製の安物のわりには、少なくともリラックスはできているので、仕事はきちんとこなしているのかも知れません。

「眠り」のコントロールは、ビッグビジネスの予感がしますね

少しスペースが残っているので、「眠り」について無駄に語ってみますか。えと、中学校や高校の頃(いや、大学でもそうか)は、テストの時間には、必ずといっていいほど居眠りをしていましたね……。つまり、昔から、どこでも眠れる、無神経な人間だったということで(← ……。)。

逆に、眠くなったら、もうダメですね。アメリカに行ったときなんかは、どうやってもジェットラグを克服できなかったですし、日本にいても、今みたいに、体内時計が狂いまくると、もうどうしようも無いです。まぁ、デスクワーク中に寝たりするわけではありませんが(うちの会社にいますけどね。自席で居眠りしてる人(笑))、講演とかセミナーとかを聞いているだけの時は、もうダメですね。

「オランダ産」って、何か妖しい魅力が(ぇ

事前にコーヒーを飲んだり、エスタロンモカ錠を飲んでおけば、多少はマシなのかもしれませんが、駄目なときは何をやってもダメですね。ああ、FRISK の一気飲み(← ……。)もイマイチダメです。そういえば日本で売ってる FRISK って、原産国がベルギーだったりオランダだったりしますよね(だからどうした)。

どうにもヨレヨレですいません……。今夜はこれにて失礼。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク