2007年7月22日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

自民、中日、朝青龍(ぇ

 


日本に選挙があって良かった

じゃないですね。「そうだ 選挙 行こう」が正解でした。てことで、行ってきました期日前投票! そう、来週の日曜日は、どうやら地元にいられない可能性が高いのですね。ぶっちゃけ投票しないことも考えたのですが(極悪)、久々に自民党の負けっぷりを拝めるかもしれないとあっては、こりゃあ投票するっきゃないでしょう。

こうなったら、連立与党には大敗してもらって、逆ギレ状態で衆議院も解散して、世間に信を問うてもらいたいものですね。ついでに自民党次期総裁に麻生太郎がなってくれたら言うこと無しなんですけどね。いや、安倍晋三がキライってわけじゃ無いですけど(ま、好きでも無いですけどね、今は)、やっぱ時代は麻生太郎でしょう(意味不明

ちなみに、どこに投票したかですが、「」の字のついた政党にそれぞれ投じてきました。って、何のヒントにもなっていないような気が(w

自民、中日、朝青龍(ぇ

で、いつの間にか「アンチ自民」になっていたわたくし。よーく考えてみれば、なんだか小学生の頃からアンチ自民だったような気がするんですよね。ついでにアンチ読売もですが(w

まぁ、ぴゅあでカワイイ小学生55 年体制とか保守合同の意味がわかるわけもなく、そういった意味では単なる判官贔屓で始まった「アンチ自民」かも知れませんが、いつだったか、参院選で(今は亡き)社会党が第一党になった時は、わけも判らずに喜んでいたものでした。いや、てっきり首相が替わると思っていたもので……(w

そう、その頃は純粋に社会党を応援したものでした。だって、自民党に勝つ可能性のある唯一の政党でしたから……。今となっては、自らの不明を恥じるばかりですけどね(笑)。自民党に政権を返上した村山富市とか、北朝鮮との不明朗な関係とか、今から思えばとんでもない食わせ物だったわけで。

アルペンスキー姿に驚いたという説も

で、盤石に思えた「55 年体制」に風穴を開けたのが、細川護煕率いる日本新党だったわけですが……。ありゃあびっくりしましたね。何に驚いたって…… あれ、何だっけ?(ぉぃ

えーと、何だか良くわからなかったですが、驚いたわけですよ(説明になってない)。まぁ、阪神が日本一になり、昭和天皇が崩御し、ベルリンの壁が崩壊し、ソ連邦が消滅した後ですから、「世の中何があっても不思議はない」という心境に達していた筈なんですが、驚きましたね。なんかノリとしては、ウクライナの「オレンジ革命」のような爽快感があったような……。

って、オレンジ革命のほうが十年近く後ですけど。

時代は外国資本ですよ、やっぱ

ま、ワタシも多少はトシをとったので、「自民党」や「55 年体制」の歴史的必然性は、ある程度は理解したつもりですし、自民党以外に政権与党たる実力を有する政党が無いに等しいことも、悔しいですが理解しているつもりです。でも、だからと言って、いつまでも「自民党 Only」ではダメだと思うのですよ。

こうなっては、共和党を輸入するしか無いのでは……(ぉぃ

あるいは、キリスト教社会党を輸入して、公明党に対抗するとか……(ぉぃぉぃ

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク