2007年7月24日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

寝ている間にみるみる聞き取り能力がアップする!?

 


本日わかった新事実

新幹線で移動すると、足が筋肉痛になります(w

いやぁ、この間、名古屋に泊まったときも、なんか足がつりそうになる予兆?があったんですよね。そういえば、その前日も新幹線で移動していたな、なんて。

原因は不明ですが、おそらく足の組み方あたりに問題があるのでしょうね。あるいは、足を投げ出した時のつっぱり具合に原因が隠れているのかもしれません。まぁ、行儀良くしていればいいのですが、エコノミークラス症候群も怖いですからね。

「オトナの空間」よ永遠に

それでですね。最近、東京方面からお呼びがかかることが多くて……。エープリルフールに妙にリアルなウソをついたバチがあたったかの如くで、流石に最近は、少々辟易気味です。また困ったことに、世間では「あー夏休み」ってことで、クソガ……いえ、お子ちゃま方が乗車される率も絶賛上昇中でして……。

しかも、最近微妙に不眠気味で(ちょいと厄介な仕事を抱えているのですよ)、眠りが浅いんですよねー。そんなわけで、本来は楽しい「おねむタイム」の筈の移動時間も、ここ数日は苦痛になりつつあります……。どうしてくれよう……。

前回の傾向と対策

それではお伝えします。

早明浦ダム」は、四国は高知県にあるダムで、吉野川の上流に位置します。なにかと渇水することで有名で、近畿地方の渇水状況を語る上では、琵琶湖の平均水位と並び評される名声を保っています。

昨今の小雨で、一時は干上がるかとすら思われた早明浦ダムですが、先日の台風がもたらした大雨で、一気に満水状態になったそうです。どちらかと言えば、こらえ性に欠けたダムなのかもしれません(コラ

以上、傾向と対策のコーナーでした☆

一種の「睡眠学習」なのかも

さてと。International なサイト名とは裏腹に、作者が外国語(英語含む)に全く堪能でないところが失笑を買うナウァディズですが(ルーか)、世の中には上には上がいるもので、英語の聞き取りがからきしダメ、という大人も、結構いたりします。では、この違いはどこから出てきたのでしょう?

私自身は、留学経験はおろか、英会話学校に通ったりしたことも無い生粋の関西人なのですが、良く良く考えてみると、洋楽が好きで、比較的長い通勤時間とも相まって、ほぼ毎日のように聞いているのですね。なので、これで鍛えられたとしか思えないのです。

あとは、「タモリ倶楽部」の「空耳アワー」にも鍛えられてますけどね(w

洋楽のいいところは、単語の聞き取り能力が向上するだけではなく、フレーズをリズミカルに覚えることができる点ですね。例えば、今、たまたま流れているのですが、UB40 の(!)"Can’t Help Falling In Love" のサビの部分(厳密には「サビ」は誤用らしいですが、気にしない気にしない)は、"But I can’t help falling in love with you" ですね。これで「fall in love with you」というイディオム(じゃないような気も)をばっちり覚えられるわけです。

そういえば、最近「ズレ勤」キャンペーンってやってます?

うん、なんでもっと早く気づかなかったのだろう(笑)。こういう理解ができていれば、もう少し高校の時の英語の成績が良かった筈……。もうすぐ帰省ラッシュですが、覆水は盆には帰省しないようですね。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事