2007年7月29日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

ゆかいな大分 ~ 全国ツアー・レポート(三日目)

 


全国ツアー・レポート(三日目)

全国ツアー()も三日目に入りました。初日は新幹線で東京に向かい、二日目は JAL で大分に向かったわけですが、三日目は JR で宮崎県は延岡市に向かう行程です(しんどー……。)。

夜のお供にマツダ・アクセラ

その前に、と。二日目は大分市内の某所にて夜のお仕事(こうやって書くとなんだか卑猥にも、また、うなぎパイのようにも見えますが、決してそんなことはありませんよ。なに、そんなことは百も承知? 失礼しました)の予定があったので、念のためレンタカーを借りたのでした。マツダの Axela 1,500 cc モデルを指名借りです。


アクセラを選んだ理由ですが、やっぱり Ford FOCUS と兄弟だってことが大きかったですね。何かと評判のいいフォーカスに乗れたら一番いいのですけど、そうもいかないので、「それじゃあアクセラで」、といったところです。あと、カタログスペックではかなり燃費がいいので、実際の所はどうなのかを確かめてみたい、ってのもありました。

場合によっては 206 の代わりに買い換えようかな、なんて思っていたり。

やっぱ、いいクルマですね

ということで、実際に転がしてみた感想ですが……。1.5 リッター 114 ps のエンジンは、確かに非力でした。ただ、ふつーに街乗りで使う分には、何ら問題ないですね。あ、高速道路にも乗りましたが、当然ながらノープロブレムでした。余裕で法定速度を超えられそうです(あえて超えたとは言わない)。

でも、何よりも、低回転域でのトルクもしっかりしていて、おとなしく運転すれば、50 km/h で 4 速に入るというのが素晴らしいです。2,000 回転以上でないとトルクが無い(わはは206 XS とはエラい違いです。

で、借りたアクセラをご機嫌で乗り回していたのですが、三日目は延岡に移動しないといけないわけで……。事前に申請した通り、大分空港に戻すのではなく、大分駅前の営業所に乗り捨てを行いました。満タン返しだったので、満タン法で燃費を計算してみたのですが、うーむ。12 km/l くらい? まぁ、こんなもんでしょうかね。ただ、回頭性の良さやボディのがっしり感は十分満足のいくものでした。今、買い換えが必要だとすれば、筆頭候補にあげると思います。

ゆかいな大分

そうそう。これは特筆しておかないといけないことが……。何かと言うとですね、大分市内、ジョイフル多すぎ!!!。ざっと見ただけで 5 軒はあったような。ガストもボンズもサイゼリヤもびっくりドンキーもさとも滅多に見かけないのに(そもそも無いのかも)、なんでジョイフルばっか……。底知れぬ陰謀が渦巻いているとしか思えません(それがどうした

底知れぬ陰謀」の正体が判明しました。ジョイフルって大分発祥の地だったのですね。そりゃあ多すぎる筈です。ジョイフルの Web サイトの情報によると、大分市内に 25 店舗とのこと。

幻の「宗太郎越え」

さて。大分から延岡までは、特急「にちりん」で五千円弱。ただ、時間も二時間弱(はははっ)。距離は 123 km しか無いけれど、時間はかかるものですね。途中に「宗太郎越え」という難所があるらしく、「どんなに急峻なんだろう」とほんの少しだけ期待していたのですが、寝てしまいました(どーん)。気がついたら「宗太郎」駅を過ぎていたのでした(笑)。

幻の「まつりのべおか」

さて、昨日は、暦の上では土曜日だったりするのですが、ちゃんと仕事してきましたよ……(泣)。何だかんだで、21 時半ごろまで仕事だったような気がします。その後、一緒に仕事をした方と晩飯を食べに行ったのですが、なんでも昨日 7/28(土) は「まつりのべおか」というビッグなお祭りの日だったらしく、幹線道路は歩行者天国になるわ、露店が並ぶわの大賑わいだったらしいです(ぇ

いや、どうやら、21 時半ごろまでに「祭り」は終わったらしく、我々が繁華街入りした頃は、既に後片付けモードだったもので……。もちろん、祭りの余韻はまだ冷めやらずといった感じで、浴衣姿の女の子がいっぱいいたりしたのですけどね。今回、仕事をご一緒した方曰く(その方は何度か延岡を訪れているとか)、「こんなに人がいるのを見るのは初めてだ」とのこと。まぁ、ある意味ラッキーだったのかも知れません。

今日のホテル(わんこに非ず

今日のホテルは「C.H.P.N.」さん(なんか VSOP みたい……なわけないか)。全室インターネット対応とのことで、頼もしい限りです。


フロントに朝刊が各種取りそろえてあって、早い者勝ちで無料で貰えるという仕組みが面白いですね。前日が「大分合同新聞」決め打ちだったので、今日は「西日本新聞」にトライしてみました。ホントは、宮崎の地場の新聞があれば良かったんですけどね。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事