2007年7月30日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

国家百年の計が無くとも、市政百年の計ここにあり

 


全国ツアー・レポート(四日目だがね)

はい。謎の全国ツアーも、とうとう四日目に入りました。昨日は日曜日だったわけですが、嬉しいことに、移動の無い日でした(!)。ええ、日曜日ですが、仕事してきましたですよ。そのために不在者投票も事前に済ませたわけですから(……。)。

さて、ツアー四日目となる日曜日は、仕事に始まり仕事に終わるという、何とも Blog のネタには使いづらい日となってしまいました。ホント困りましたね。どうしましょうか。今日(ツアー五日目)は移動日なので、「今日のホテル」をはじめ、ネタの宝庫なんですがねぇ。

そのまんま

しょうがないので、タクシーの運ちゃん(かなり年配の方でしたが)とお話しした件でも書きましょうか。「宮崎県」と言えば、やはりそのまんま東知事が話題に上るのは避けられないらしく、会話した運転手さん 3 人が全員、何かしらの形で口にしていました。

で、日曜日の運ちゃんの話によると、延岡市では最近、高校がひとつ閉校になったそうで。実は、うちの近所でも、少子化に伴い高校がひとつ統廃合されたばかりなので、それ自体は「良くある話」として受け止めていたのですが、どうやら延岡の人に取っては、高校の閉校は「過疎化」の一端を示しているんじゃないかと、かなり心配しているように見受けられました(実際、翌日に乗ったタクシーの女性運転手も、高校閉校の話をしていましたから)。

閉鎖された高校は、その後の利用目的が決まっていないらしく、現在は空き家の状態だそうで。「うちの近所の(統廃合された)高校の跡地も、用途は決まってないですよ」なんて話をしたところ、「こないだ東国原知事走って視察に来たんですけどね」なんて話に。なかなか、パフォーマンスはお上手なようですね。あとは政治手腕が如何ほどか、ということになるのでしょうが。

国家百年の計が無くとも、市政百年の計ここにあり

「それとねぇ」ということで、廃校繋がりで面白い話を耳にしました。「高校の他にも、小学校も閉鎖されたんだけど、今は老人ホームになってる」のだとか。

いやいや、延岡市も大したもんだ」と自画自賛気味に話してくれたのですが、どうやら小学校を開設する際に、最初から「いずれ少子化が進行して、高齢者人口が増加する」とのビジョンの元に、小学校でありながら、当初から老人ホームへの転用を見越して、バリアフリー設計にしていたのだとか。うん、まさに「市政百年の計」を地でいく遠大な戦略、確かにお見事ですね。

諭吉、失踪す

でですね。現地での仕事はわりとすんなり終わったので、割と早い時間にホテルに戻ることができました。ホテル近所のコンビニにタクシーを横付けしてもらい、場合によっては夕食代わりになりそうなものを中心に、食材や飲料を仕入れたのですが、財布を見ると……。確か 6~7 人いた筈の諭吉さんが、いつの間にか全員失踪しているではありませんか。こいつは久々に焦りましたね。

日頃は PiTaPaEdySuicaExpress Card で決済することが殆どなもので、滅多に現金が飛んでいくことは無いのですが、やっぱ出先では現金が必要ですね……。めったにキャッシュ・ディスペンサーのお世話にならない私ですが、久々に「どこで下ろそうか」と悩み始めたのでした。

マクド → ジョイフル → 居酒屋 → コンビニ(w

で、夕食はどこかに食べに行こうかとも思ったのですが、デスクワークがちと溜まっていた(そりゃ、これだけ出張ばかりしていては、捗るはずも無いですよね)のを処理しつつ、時事通信社のサイトで参院選の速報を見ていました。気がつけば 21 時を過ぎてしまって、「こりゃあ外食は無理だな」と諦め、コンビニで仕入れたスナック菓子などをつまんで空腹を満たしていたのでした。

まぁ、初日の東京では、「ステーキカレー」「メガマック」という超高カロリーな食事でしたし、しかも間の悪いことに、その翌日の羽田空港での昼食も、搭乗口横の喫茶店で、やむなく「カレー」を食する羽目になったわけで(カレーしか食事っぽいものが無かったので)。刺身が恋しい、寿司食いたい……(ははは

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク