2007年9月7日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

No. 15 「ROCKSTAR で Have a energy break !」

 


無知故の過ち

ちと恥ずかしい話というのはですね。お勘定の時に、言われた金額をほぼそのまま渡してしまった、という話です。何のことはない、チップを乗せるのを忘れていたのです。そういえば、お勘定を受け取ったときのお姉さんの挙動が一瞬固まっていた記憶があります。うむむむ……。

有償のサービスに対するチップの相場は、だいたい 15% 程度だそうですね。ディナーの代金は 60 ドルとちょいだったので、10 ドル払えば良かったのですが、気が動転していたせいか、手元にあった 1 ドル札をありったけ(笑)、あわてて追加で手渡したのでした。7 ドルくらいだったですかね。

まぁ、若さ故の過ちということで認めちゃいましょう(笑)。

コーヒーブレイク……ではなくてエナジーブレイク

その後は、1F の ABC Store でおみやげを買ったり、飲み物を買ったりしてからホテルに引き揚げました。いよいよ明日は日本に引き揚げです(ぇ)。

そうそう、トマス・エンゲでおなじみの(ぇ)ROCKSTAR が売っていたので、買ってみましたよ。要するに Bad... じゃなくて Red Bull 互換の代物で、「アメリカ製」がウリだそうです(笑)。


エナジードリンクにして 473 ml ですよ(笑)。「どんだけ~」と叫びたくなるのを自重したくなりますね(← 叫んでんじゃん

IRL でのエンゲは割といい線行ってたと思うんですが

ちなみに、ROCKSTAR の邪道ぶりはサイズに留まらず、こんなフレーバーものまで見つけてしまいました。


POMEGRANATE、つまり、ざくろ味のエナジードリンクです(笑)。他にも何種類かありましたね。さすがに全部を試す勇気は無かったですが。

ちなみに、このざくろ味のロックスター、お味はなかなかとの評判でした。自分で飲んでみても、「うん、普通のジュースと大差無いな」と思いましたし。

チェックアウトは混乱無し

さて、こうして 3 日目の夜も更け、4 日目は朝から強制送還、ではなくて帰国です。ホテルから空港までは、某旅行会社の送迎バスが出るのですが、出発が……午前 3:50 だとか。誰ですか、こんなスケジュール組んだのは。責任者出てこ(ry

「3:50 までに各自チェックアウトを済ませて、ロビーで待っててくださいねん」との旨。「なんだチェックアウトは自分でやるのかよ」と思いながら、気合いを入れてフロントへ。

わたし「チェックアウトお願いしまーす(怪しい英語で)」
フロント「はい、承りました。ありがとうございました(英語で)」
わたし「……。」

わたし「もういいの?(怪しい英語で)」
フロント「はい。間違いございません(英語で)」

うわー、簡単……なのか、てきとー……なのか(後者の可能性大?)。

そんなこんなで、グアム国際空港に向かったのでした(まだつづく!?

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク