2007年10月9日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

Galileo... Galileo... how full of coincidences life is.

 


というわけでぇ~っ!

↑は、ざこば師匠の専売特許です

昔、ざこば鶴瓶らくごのごという TV 番組がありました。てゆーかちょと待て! なに、終了してからもう 9 年も経つではありませんか! うっわー、私もトシをとっちゃったわけですねー(ちとショック)。

どんな番組かと言えば、桂ざこば笑福亭鶴瓶(二人とも落語家ですよ、念のため)が「三題噺」を披露する、という、それだけの番組です(をい)。「三題噺」とは、その場で出された三つのキーワードを含めた形で、即興で落語を行うという、よーく考えたら結構大変な芸のことです。

それにしても、うちの ATOK、芸能関係は弱いですね。でも、いくらなんでも「妾腹亭」はどうかと思うぞ。昔で言う「非嫡出子」一門ですか(こら

即興で落語をするわけですから、オチが決まらないまま高座に立たざるを得ない時もあり、結果として「ネタに詰まる」状況に追い込まれることも少なからずあるわけです。特に、ざこば師匠が(笑)。ネタが詰まると、どうしても話題を大きく変えて逃げるしか無いわけで、そんな時、決まって使われたのが「というわけでぇ~っ」でした。

見ている客のほうは、「というわけでぇ~っ」が出ると、「ネタが詰まったな」と丸わかりなわけで、それだけでウケが取れた時もあったような。

うん、「というわけで」の一言で、随分語ってしまいました(笑)。というわけで、今日の本題を(ぇ

そういえば、Ph.D Brian May が誕生したのでした(ネタ古すぎ

80 年代のイギリスを代表するロックバンドのひとつだった「クイーン」のギタリストであるブライアンメイが、還暦を迎えた今年、天文物理学の博士号を取った、なんて話題はもう古すぎますね(こら)。

そうそう、博士論文を仕上げた際にこう語ったそうですね。"Galileo... Galileo... how full of coincidences life is."(「ガリレオ、ガリレオ、生命は何と奇遇に満ちていることか」)

和訳は REUTER の記事からの引用です。ロイターさんごめんなさい。マニュエル・ロイターやシュテファン・ロイターは無関係ですので念のため(こら

かの "Bohemian Rhapsody" の歌詞は、"Galileo, Galileo, Galileo figaro... (magnifico...)" なので……。「韻の踏み方はまだまだだな」などと言ってはいけません(ぇ

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク