2007年10月24日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

Bojan のホテル探訪~「ハーバープラザホテル」編

 


昨日から今日にかけて、愛媛県は八幡浜というところに、またも仕事で出張してきました。何の仕事で~という話をできれば良いのですが、職業倫理上、依頼者の秘密を口外することはできないわけで……(← そんな職業だったか?

まぁ、少なくとも「美味い海の幸」を喰いに行ったわけでは無いことだけは確かなのですが、結果として、「とびきり美味い海の幸」を食して参りましたです(えへへ



昔ながらの繁華街の一角にありました

てなわけで、旨い寿司屋の話は置いておきまして、まずはいつもの「ホテル探訪」から。今週は、愛媛県は八幡浜市の繁華街にほど近い、ハーバープラザホテルを訪れました(泊まったんだって)。

お部屋はこんな感じ(どんなだよ)です。ふつーのセミダブルです。取り立てて特筆すべき点も見あたらないのですが、強いて言うならば、物価が格安な四国において、一泊 \8,000- を越える……割には、ふつーだな、なんて(こら)。


曰く、「八幡浜市で最高級のホテル」だそうなのですが、寿司屋で聞いた話ですと、長期出張者(あるいは単身赴任者)のために、企業がホテルを長期的に借り上げることが多いのだそうです。つまり、立派な売り手市場だ、ということですね。八幡浜恐るべし。

何となく窓から景色を眺めてみる

部屋から海を望んでみました。


写真にすると、わけがわかりませんね(笑)。たぶん、宇和海の端っこだと思うのですが……。

あの人?は今?

気になったのが、壁にかかっていた「謎の絵」ですね。どうにも、かつての Suicaイメージキャラと印象がかぶるのですが……。ペンギンじゃないですよ。スイカに顔が書いてあったようなヤツがあったじゃないですか。



あの曲は今?

さて、昨日は激ウマな寿司を食して、程なく眠りについたのでした。今朝は 10 階のレストランにて朝食を食べていたのですが、朝からムーディーなストリングスの音色が……。うん、これはどこかで聞いたことがありますね。クラシックかなぁ。でもどう考えてもショスタコーヴィチでもチャイコフスキーでもムソルグスキーでも無いし……(人選偏りすぎ)、などと小首をかしげながらイチゴジャムをトーストに塗り塗りしながらパクついていたのですね(具体的すぎ)。

そのうち、件の曲が終わって、次はびみょーにアップテンポな曲が。む、コイツは……。「ああ、なぁんだ」と、私は膝を打ったのでした。というわけでぇ(つづく

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事