2007年11月22日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

霊番線から出発進行!

 


火曜日の話ですが、鳥取県は米子市に行ってきました。目的はもちろん、うまい海の幸……なわけは無く、仕事なんですね、はい。

目の前にそびえる厚い壁

ということで、岡山から米子まで、特急「やくも」に乗って行ってきました。確か、「やくも」の一番前の車両はパノラマタイプグリーン車だった筈なので、岡山駅の窓口で「一番前の席はありますか?」とお願いして切符をグリーンに変えてもらいました(あ、もちろん自腹ですよ)。

ちなみに、一番前の車両はこんな形でした(注:米子駅にて撮影)。


おいおいぉぃぉぃ……。これってふつーの特急列車じゃん……。何のために一番前にしてもらったんだか……。

米子駅で確かめたところ、この日はたまたま普通タイプのグリーン車が連結される日だったとのこと。ついてないですねぃ。

さて、岡山から米子まで、前面展望の代わりに運転室の壁とにらめっこしながら過ごすこと 2 時間と少し。今日の目的地は「産業道路沿い」とのことで、地図で確認すると、JR 境線が近くを走っているようなので、旅人らしく、米子駅からディーゼルカーに乗って目的地に向かってみようかと思い立ちました。

その乗り場は「霊番線」

米子駅の境線乗り場は「0 番線」とのこと。改札口から少し鳥取寄りに歩かないといけないようですね。お、境港行きが止まってますね……。


うっひょ~。「ねこ娘」だらけ!

日常の中の「ねこ娘」

横から見るとこんな感じ(注:某駅下車時に撮影)。うん、こりゃ紛うことなく「ねこ娘」号ですね(笑)。


しかも……。車内を見てみると、なんと……


天井まで「ねこ娘」(笑)。ちなみに、ほかにも「鬼太郎」「目玉おやじ」「ねずみ男」バージョンがあるとか。個人的には「ぬりかべ」あたりもポイント高いのですが(ぇ

さて、我らが「ねこ娘」号は米子駅を出発し、博労町、富士見町と停車し、JR の工場がある後藤駅に到着。高校生がたくさん平然と乗り込んできました。彼らにとっては「ねこ娘」だろうが「ねずみ男」だろうがどうでもいいのは自明の理。改めて自分が「ストレンジャー」であることを実感したのは言うまでもありません。「エイリアン」じゃ無いだけマシですけどね。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク