2007年11月25日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

指定席か自由席か、それが(ry

 


さて、米子駅で「スーパーまつかぜ」を待っていたわたくし。さぁ列車がやってきました…… 2 両編成ですね。おそらく、One of the 日本一短い特急になるのでしょうね(ルー語か)。

自由席の乗り場に長蛇の列ができているのを尻目に、指定席の車両に乗り込んだわけですが、車内には 16 席ほど「自由席」というヘッドカバーがついた座席が……。「あれ、これは自由席なのか指定席なのか?」と理解に苦しみながら、とりあえず指定された通路側の座席に。

一両のうち半分だけ自由席、という列車もあることはあるのですが、一両のうち、中程の一部の座席だけ自由席、というのはさすがに聞いたことが無かったので、車内検札に来た車掌さんに、「あれって自由席ですか?」と聞いてしまいました。車掌さん曰く「そうですよ」とのこと。うーむ、画期的だ(笑)。

前回の傾向と対策

みなさま、大変お久しぶりです。

「IMHO」というスラングですが、これはもちろん「イメクラ好きのやじ」という意味ではなく(あれ?)、"In My Humble Opinion" という意味となります。和訳すると「私見では~」となりますね。

ちなみに、この「IMHO」、RFC1983 に定義されているそうです。「RFC って何?」という方もかなり多いと思いますが、説明しはじめるときりがないですので、ここはとりあえずこの辺で。

あと、「ジャパニーズ・ビジネスマン」ですが、これは「リゲイン」というドリンク剤の CM ソング「勇気のしるし」から来ています。もはや随分と昔のことのような気がしますが、いつ頃の CM だったでしょうか。

以上、傾向と対策のコーナーでした☆

特急「スーパー」な「おき」

で、30 分ほどで倉吉に到着。「スーパーまつかぜ」の写真は取り忘れたので、たまたますれ違いのために止まっていた「スーパーおき」の写真をどうぞ。


「スーパーおき」の名の通り、車内は客も車掌も全員沖雅也でした(ウソつけ)。走り出したら何か答えが出るのかもしれません(ぇ

ちなみに「榎本さん」の由来は声を当てている声優さんからだとか

倉吉と言えば、漫画家の青山剛昌の出身地にほど近いことで知られますが(知られてるのか?)、確かに階段にはこんな宣伝がありました。


ちなみに、この自動車学校の中には「レストラン ポアロ」もあるそうです。これでウェイトレスが榎本さんだったら完璧なんですけどね。

倉吉にまつわる et cetera(またか

倉吉駅の雰囲気はこんな感じです。


ちょっと見た目が寂しいかな、とも思えるのですが、倉吉駅は、倉吉の中心部からかなり離れているようなので、しょうがないのかも知れません。実際、かつては「倉吉駅」という名前を返上していた時期もあったようですので。

かつて、「国鉄倉吉線」という路線があり、倉吉線の「打吹駅」が「倉吉駅」を名乗っていた時代があったそうです。

あ、もう一つ発見が。倉吉市って、鳥取県の市の中では唯一、海に面していないのですね(だからどうした)。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事