2007年12月6日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

UNIX だよ人生は&革張りだよ人生は(へ?

 


UNIX だよ人生は(本当か?

今日は、朝っぱらから堂々とオフィスを抜け出し(笑)、東梅田の旭屋書店(本店)に行ってきました。うん、一応仕事関連の書物を買い漁るのが目的ではあるので、「業務として」の買い物ですけどね。

何を買ったかと言うと、CentOS 5 のハウツー本と、なぜかついでに "Life with UNIX" なんて本を買ってしまいました(あはは

いや、店頭で見かけたときは、稀覯本を見つけた!と思ってその場でゲットしてしまったのですが、Amazon.co.jp とかで調べると、結構古本も出回ってますね……。ちょっと勿体ないことをしたかも。ちなみに 1990 年に出版された本ですが、入手したのは第 11 刷(1999)ものです。未使用なので美品ですが、背表紙にヤケがあります(だめじゃん)。

まぁ、これからぼちぼちと読んでいきますです。この本の監訳は、かの坂本 文さんらしいので(← 購入の決め手だったかも)、きっと楽しめることでしょう。

かの名著「たのしい UNIX」の著者様であらせられます。たまたま近所のブックオフで格安で入手したものを拝読したのが、そもそものきっかけでしたが……。

それから、と。12 月ということで、そろそろシーズンインの時期になってきました。わかる人にはわかるこの話題、また日を改めてお伝えします……。

革張り!肘掛け!

ま、そんなわけで、今日の帰りは奮発して、タクシーなんかを拾ってみました。たまたま乗り場に止まっていたのは個人タクシー。C ピラーの後ろに小窓が見えるのが珍しいな、車種は何だろ、日産かな? などと思いながら乗車しました。

いや、びっくりしました(笑)。なんとシートは革張りで、リアシートの真ん中には巨大な肘掛けが。めちゃくちゃゴージャスなのですね。

運ちゃんに行き先を告げたあと、慌てて(どこのメーカーのクルマなんだろ)と思って、ステアリングをのぞき込んだところ……、"VOLVO" の文字が(笑)。そう、スウェーデンが世界に誇る重戦車(ぇ)、ボルボだったのでした。

車内は過去最高の盛り上がりを見せたのでした(笑)

運ちゃんは割と話し好きらしく、色々と話しかけてくれたのですが、欧州車スキーさんとしては、やはり話題は "VOLVO" の話に。運ちゃん曰く、「ボルボをタクシーに使っているのは大阪ではウチだけ。ほかは、東京に白のボルボが一台あるらしい」とか。

他にも、「レクサスは……」とか、「BM は……」といった話題もありましたが、諸事情によりカット(笑)。

ちなみに、革張りシートなボルボの個人タクシーは、リッターあたり 6~7 km は走るとのこと。どう考えても燃費効率の悪い筈のタクシーにしては、なかなか脅威的な数字です。排気量も 3 リッターらしいのですが、NA(自然吸気)モデルはオクタン価 89 のガソリンで OK なんだとか。

欧州車は、オクタン価 95 のガソリンを要求される場合が多いのですね。レギュラーとハイオクの中間です。

ちなみにお値段は 660 万円くらいとか。うわぁお金持ち!

それにしても、今日ほど目的地に到着したことを恨めしく思ったことは無かったです。いやホント。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事