2007年12月31日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

Bojan のホテル探訪~「(特に名を秘す某ホテル)」編

 


いつもご好評いただいている(ウソつけ)このシリーズですが、今年をしめくくる意味でも、最後は匿名といたします(まったく意味不明)。

はい、まずはさくっと外観から。


Côte d’Azur の青空が美しいですね。って、実際には千葉県ですけど。

部屋の写真は……、イマイチうまく撮れていなかったので今回はパス(見たい人はいませんよね?)。その代わりに洗面所から。


バス・トイレ・洗面所が完全セパレートなのがうれしいですね(ただし、部屋全体はそれほど広くないけれど)。シャンプーやリンスがあるのは普通ですが、バスフォーム(「泡風呂の素。欧米人御用達)もあります。こんな容器に入っていました。


お風呂もちょっと変わっていまして、なんと洗い場があります。ホテルのユニットバスでは滅多にお目にかかれません(かの「ホテルマロンリゾート鶴見」以来かも(笑))。この辺は日本人向けにローカライズされていて、なかなかポイント高いですね。



リゾートホテルの真実

そして、バス・トイレ・洗面所がセパレートな上に、化粧台までが別に存在しています。


いやぁ、さすがリゾートホテルって感じですね。ただ、こんなホテルでも壁際にはこんな端子が……。


手持ちのノーパソを繋いだのは言うまでもありません(笑)。

いや、ほんとにリゾートホテルなんですって(汗

あと、妙に違和感があったのが、このセキュリティボックス。


何か、どこかで見たことがあるような……。Déjà vu というヤツでしょうか(笑)。いや、これは間違いなくセキュリティボックスですよ。貴重品入れってヤツです。間違えても料金の支払いとかには(ry

こちらの「特に名を秘す某ホテル」も、チェックアウトレス方式を採用しているようでした(カードキーは記念に持ち帰って良いとのこと。そういえばフロリダ州はオーランドの某ホテルに泊まった時もそうだったような)。


チェックアウトレスは、クレジットカードで支払うのが前提です。さて、いくら請求されるのでしょう……(´∀`)

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク