2008年1月6日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

キャンセリングがキャンセルされる

 


新年早々……

新年早々、懲りずに東京に来ています。いやー、それにしても参りましたね。新幹線の切符が取れないんですよ(苦笑)。ホント、久々に焦りました。

確かに、1/4 が休みの人にとっては「冬休み最終日」なわけで……。「成田空港で帰国ラッシュ」みたいな話もあったので、新幹線が混んでいても当たり前なんですが、ちょっと気が回ってなかったです。結局、グリーン車通路側にようやくシートをゲットしたのでした。もちろんグリーン代は自腹。あっちゃー……。

新年早々……(だから何

まぁ、切符の手配がギリギリになったのも、一応理由があってですね……。近所のミドリ電化に寄って、小型スピーカを買おうと思ったのです。私はいつも、SONY の NW-S705F という、メモリタイプのウォークマンを携帯しています。ホテルの一室に籠もるときも、首からウォークマンをぶら下げてヘッドホンで音楽を聴いているのですが、これがどうにも面倒で。

なので、せめてホテルの部屋の中くらいは、ヘッドホンではなくスピーカで音楽を聴きたいなぁ、という至極もっともな理由から、持ち歩きができるサイズのスピーカを買おうと思い立ったのです。

てなわけで、さくっと近所のミドリ電化まで行ってきました。スピーカは色々とあったのですが、とにかくコンパクトで、外部給電のものを……ということで、無事ゲットできました。

1/5 とか 1/10 とか。日付じゃないですよ

で、ふとスピーカ売り場の横を見てみると、そこはヘッドホン売り場。いくつかのメーカーの製品がやや雑然と並べられています。そして値札に並ぶ文字が「1/5」とか「1/10」とか……。そう、ノイズキャンセリングヘッドホンが色々と並べられているのですね。

ご存じの方はご存じの通り、SONY の NW-S705F というメモリウォークマンは、本体にノイズキャンセル機能を搭載しています(専用のカナル型ヘッドホンと合わせて初めて機能する)。ただ、実は、このノイズキャンセル機能が、ちょっと変なところがあるようなのです。

キャンセリングがキャンセルされる

どういうことかと言いますと、例えば新幹線に乗っていてトンネル内を走行している時とかに、たまーにノイズキャンセル機能キャンセルされてしまう時がある、ような気がするのですね。突然、一瞬ではありますが「ぐごー」という爆音が耳に飛び込んでくるので、まず間違いないと思うのですが。
想像ですが、もしかしたら安全対策なのかもしれません。ある程度の音量以上の「音」は、周波数にかかわらずきちんと耳に入れる、というポリシーなのかな、とも考えられます。ただ、耳障りなのも確かなわけで。

そんなことを考えながら、公称「ノイズが 1/10 になる」という maxell の HP-NC22 の値札とにらめっこ。気がつけば、箱を手にとってレジに向かっていたのでした(笑)。もちろん小型スピーカといっしょに。

新年早々……良かったっす

で、「もちろん」と言いますか「やはり」と言いますか。早速、新幹線よりは遙かに静粛性が高い近鉄電車の中で試しに使ってみました。「!!!!

いや、こいつは確かに凄いです。「公称 1/10」もうなずけます。2 万円近くしたけれど、それだけの価値はありそうな雰囲気です。

もちろん、新幹線の車内でも使ってみました。ノイズキャンセル能力は抜群で、心なしか、いつもより疲れが少なかったような気すらしてきます。正月早々いい買い物をしたな、という気分です。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事