2008年1月8日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

Bojan のホテル探訪~「ニューオータニイン東京」編

 


新年一発目から、自腹を切って「ホテルグランドパレス」に泊まったりしたわけですが、これから金曜日までずーっと東京に滞在するとあっては、このままでは出血多量で死に至ることが明らかです。

てなわけで、さくっとホテルを変えてみました。ニューオータニに……、というともの凄く嫌味に思えますが、ニューオータニはニューオータニでもニューオータニインなので、お値段も割とリーズナブルだったりします。

今回使った連泊プランでは、月曜日なんかは朝食込みで八千円です!

向かいにはロッテリアとサブウェイがあります

えーと、場所は大崎ですので、山手線、埼京線、りんかい線が使えます。二つある改札のうち、北側の改札から出て、ペデストリアンデッキをちょいと歩くとすぐに入口が見えてきます。


お部屋はこんな感じ。シングルですが、少し広めの部屋のようです。


ベッドはこんな感じです。かなり派手な色遣いですね……。


昨日に引き続き、デスクに LAN ケーブルが用意されていました。以前は「珍しいなぁ」と思ったものですが、最近はこれが当たり前になってきましたね。ただ、こちらのサービスは有料だったようで、結局使わずじまいでした。今時「有料」ってのは珍しいんじゃないかと……。


いつもの通り、お風呂写真もお見せしておきます。どちらかと言えば大きめのユニットバス、というやつですね。



ホテルの真価は朝食バイキングにあり!?

朝食はバイキングで、3F(事実上の Ground Floor)のレストランでやっているのですが……。これは「さすがニューオータニ!」と思わせるレベルでした。まぁ、「!」は 1 個だけなので、そんなに喫驚するほどでも無いんですが(なんだその単位は)。

ああ、どの辺が素晴らしいかを書いておかないと意味不明ですね(笑)。えーと、スクランブルエッグ(またはミニオムレツ)と、ベーコン、フライドポテトとソーセージ(粒マスタードつき)という「朝食バイキングの基本」を完全に押さえていて、サニーレタス、オニオンとコーンという「サラダの基本」もパーフェクトなわけです。

それでありながら、和食を嗜みたいガイジンさんのために、きちんと和食一式も用意してあったり。別に、食材の種類が豊富だとか、盛りつけが素晴らしいとか、目に見えた特徴があるわけでも無いのですよ。何がいいんでしょうね……。雰囲気なのかなぁ。

微妙なまとめ

ま、そんな感じで、朝食は悪くないです(笑)。ベッドも悪くないかな。ただ、ホテル自体の作りは決して新しくは無いので(やや古くさく感じられるところもある)、好みが別れるかもしれません。また使うか、と聞かれたら……、価格次第かもしれません(ぇ

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事