2008年1月14日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

某てんちょうさんの呪い(違?

 


結局、マザボは無罪だったっぽいのですが(汗)

いきなりですが、PC 買いました。いや、お正月に一度お伝えしていたかと思います。ファイルサーバになってる自作の長方体サーバ(キューブ:立方体に非ず)が、BIOS すら立ち上がらなくなってしまったのです。

正確には、注文していた PC 届きました、ですね。

まぁ、一旦はメモリの挿抜で事なきを得たのですが、結局アレやコレや手を尽くしてもダメ、ということになっちゃいまして……。「多分マザボかな」、と当たりをつけて、あっさりと引き下がりました。このあたりが小型ベアボーンのつらいところですね。

「マザボ」=「マザーボード」のこと。いわゆる PC の「基盤」のことです。

ワシントン条約

で、出張中に新しい PC が届いていたので、連休を使ってセットアップ!ということで、特に喜び勇むわけでもなく、淡々と作業を始めたのでした。普段はファイルサーバとクライアント PC(こっちは Windows Vista が動いてます)の 2 台を、PS/2 の KVM スイッチ(いわゆる「切替機」)で使い分けているのですが、新しい PC をパソ机に乗せて、キーボードやマウスを接続しようとしたところ……。

PS/2 ポートが絶滅していました。(・∀・)

うーん、時代は回っていますね。そんな時代もあったよね、てな感じです。PS/2 はおろか、LPT(パラレルポート)に接続するレーザープリンタがまだまだ使える状態なんだけど……。

今週の「えせグローバリズム」

ま、仕方なく、本体に添付されていた USB キーボードと、台湾土産 (・∀・) の USB マウスを接続して Windows XP のセットアップを開始。この PC、ライセンスは Vista Professional ですが、最初からダウングレードして XP Professional がプリインストールされています。なかなかの英断です(´∀`)。

「えせグローバリズム」が大好きな筆者。キーボードは JIS などと言う「国内標準」ではなく、あえて ASCII 配列の英語キーボードを愛用しています(いや、ローマ字入力だったら、何の弊害も無いですよ。むしろ [ Enter ] や [ スペース ] が大きくて便利です……)。ところが同梱されたのは、JIS 配列の USB キーボード。

備忘録兼ねてます(汗)

最初は「英語キーボード」として認識していました。「@」も [ Shift ] + [ 2 ] で入力できました。ところが、いろいろやっている内に、JIS 配列に変わってしまって……。

PS/2 接続だったら、「106/109 日本語キーボード」から「101/102 英語キーボード」に変えてやるだけで、あっさりとキー配列を変更することができます。ところが、USB キーボードの場合、この手が使えないんですね。

そういえば、同じく USB キーボードを愛用していた 6~7 年前、同じ問題に遭遇した記憶が……。

で、結論から言えば、レジストリを変更する必要がありました。以下の 4 つの値が重要っぽいです。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters]
"LayerDriver JPN"="KBD101.DLL"
"OverrideKeyboardType"=dword:00000007
"OverrideKeyboardSubtype"=dword:00000000
"OverrideKeyboardIdentifier"="PCAT_101KEY"

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事