2008年1月17日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

はじめての QUICPay ?

 


課題は次週に持ち越しです

今日は、ThinkPark Tower 1F の「新宿さぼてん」にてカツカレーを食べよう!と気合いを入れていたのですが、仕事の進捗が思わしくなく、大崎に着いたときには 22 時を回ってしまっていました。お目当てのお店はすでに閉店……ということで、ちょっと悲しい思いをしましたです……。

その代わりに……というと罰が当たるのですが、まだ営業中の寿司屋さんがあったので、いそいそと入店してみました。レジの女性曰く、「22:30 がラストオーダーで、23:00 に閉店ですけどいいですか?」とのこと。まだ、ラストオーダーまで 30 分近くあるので、異論はありません。

とまぁ、そんなわけで、江戸前?の寿司をたらふく食したのでした。寿司がメインテーマでは無いので、あまり多くは触れません。

素早く支払う

さて、レジにて支払いを……となったわけですが、レジには各種クレジットカードのロゴとともに、QUICPay のロゴが。

QUICPay は、良くある IC カード決済のひとつですが、一種のクレジットカードのようなもので、完全ポストペイ(後払い)なところが特徴です。つまり、チャージが不要なので、これが便利なんですね……。身近なところでは全国のローソンで使えます。

Edy や Suica はチャージが面倒なので、QUICPay が使えるならば、必ず QUICPay を使うのが最近の傾向なんですが、世間ではまだまだ少数派……なのだろうと思わせる光景に、またしても出会ってしまいました(笑)。

はい、つまり、レジの担当者が、QUICPay での決済の仕方を知らないのですね(笑)。

はじめての QUICPay ?

確かに、いろんな店で、いかにも経験の浅そうなスタッフが、先輩に教えを請いながら決済する様を見てきました。しかし今回は、寿司屋のレジ回りを取り仕切ってそうな女性だったにも拘わらず、正直に「使い方がわからない」と告白した上で、マニュアルを取り出して Step by Step で手順を踏んでくれました。

しかも、QUICPay のセンサー(カード置き場)が見あたらない……と思いきや、上に何かしらの小物が置いてあったことが判明(笑)。もしかして「初めての客」だったのではないかと、密かに疑っていたりします。

2007 年の小さな幸せ

全く話は変わりますが、昨年の 12/31 に、帰りの新幹線の中で食べる夕食を手配しようと、八重洲の大丸のデパ地下をうろうろしていた時の話。時間は 18 時を少し回っていた頃ですが、大晦日は 18 時閉店だったらしく、多くの店が「現品たたき売り」モードに入っていました。

私は、その時もたまたま目に付いた寿司を買い求めたのですが、曰く、「この一品限り!」だったらしく……。つまり、私が買ったパッケージは、2007 年最後の一品だったわけですね。

気忙しく支払いを済ませながら、「(私が)今年最後の客ですね?」と話しかけてみたところ、「そう! お客さんが最後!」との返答が(当たり前ですが)。だからどうってことは無いのですが、何となく得した感じがしたものです(笑)。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク