2008年2月1日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

マイケル・フォーチュナティの謎

 


♪ぎっぎっぎぎっぎっぎぎっぎっ

某所(おわかりですよね、って誰に聞いてるんだか)にて、久々に「マイケルフォーチュナティ」という名前を聞き、あまりに懐かしくなったので TSUTAYA DISCAS にてレンタルしてみました。「♪ぎっぎっぎぎっぎっぎぎっぎっ」ってヤツです(こうやって抜き出してみると意味不明

そう、日本でもカバーされた 80 年代ユーロビートの名曲、"Give Me Up !" を歌って?いたのがマイケル・フォーチュナティでした。アンドレア・フォルトゥナートともミケーレ・アルボレートとも違いますので念のため。

イタリア版「人生幸朗」

というか、今はじめて気づいたんですが、「フォーチュナティ」というめでたい名前、これって芸名だったんですね。Wikipedia の「マイケル・フォーチュナティ」の項から引用しますと……。

マイケル・フォーチュナティMichael Fortunati, 1955 年 9 月 4 日 - )は、イタリア、ヴェラ・カステリ出身の 1980 年代ユーロビートを代表するポップ・シンガーである。本名は「ピーエル・ミカエル・ニグロ(Pierre Michael Nigro)」

なんか富田林のほうで花火でも打ち上げてそうな本名(カナ表記)ですが、それはさておき、いろいろと謎が出てきました。

フォーチュナティ田舎者説

まず、「ヴェラカステリ」という街がどこにあるのか良くわかりません。もちろんググってみましたし、イタリアの道路地図(索引つき)もチェックしました。でも、ヒットしません。

こういう時は、カナ表記ではなく原典に当たるのが基本なんですが……、哀れマイケル・フォーチュナティ、日本語以外の記事が皆無です(わはは

つまり、日本人以外からは存在を忘れられている、ということ。

フォーチュナティについて、「イタリア南部の出身」と明言されているページもあります。それを元に、より詳しいイタリアの道路地図(最初からそれを見ておけって)でチェックしてみました。すると…… Villa Castelli (BR) という街が見つかりました。(BR) ですから、ブレッシャではなくブリンディージ(Brindisi)です。ムッソリーニ好きの方(いるのかよ)にはお馴染みの町です。日本で言えば松代みたいなもんです(わかる人にはわかる

ブリンディージは、正確には、ムッソリーニ失脚後、一時的にイタリアの首都機能が移転した街、でした。

Villa Castelli は、イタリアの地図をブーツに見立てた場合、ヒールのちょうど真ん中くらいの部分です。というわけで、フォーチュナティはかなりの田舎者だということがわかりました(コラ)。

フォーチュナティおフランス系説

さて、次なる問題は、フォーチュナティの本名です。"Nigro" は、"Negro" よりはマイナーに思えますが、まぁいいでしょう。問題は "Pierre" であり "Michael" です。ずばり、どちらも一般的なイタリア人の名前ではなくて、フランス系の名前なんですね。

Pierre Michael Nigro は、イタリア風にすると Piero Michele Negro となる筈です(そもそも "Piero Michele" というのも、滅多に無いけれど)。

イタリアの中で、フランスとの結びつきが強いのは、モナコやサンレモ近辺……ではなく、むしろコルシカ島(フランス)・サルディニア島(イタリア)近辺のような気がします(証拠は無いですけど)。もしかしたら、フォーチュナティの先祖はコルシカもしくはサルディニアの出なのかもしれません。いずれにせよ田舎なのは間違いなさそうですが(←

タイミング良く、Michael Fortunati の "All Right" が流れてきました。♪ It Will Be All Right って……。まぁ、確かにどうでもいい話だけどさっ

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク