2008年4月13日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

борщ

 


ボルシチとわたくし

先週、ふと思い立って говядина построгановски を作った、という話をしました(読めねぇよ)。生まれて初めて作った割には意外に好評だったようで、今度は「ボルシチ」を食べたいとの声が、どこからとなく聞こえてきました。

なので、前回同様、「しゃーないな」とばかりに作ればいいのですが、ここでひとつ問題が……。「ボルシチ食ったことがねぇー」というわけで。

一度も食べたことのないものを、いきなりレシピ通りに作るというのも、かなり無謀なんですが、まぁ、失敗したら「運が悪かった」ということで。知力と体力を尽くしても、誰もがニューヨークに行けるわけではないのと同じことです(古すぎ)。

服部克久とわたくし

まずはレシピを探すところからですが、前回、読売新聞のレシピ通りにビーフストロガノフを作ってうまくいったので、今回も読売新聞のサイトから拾ってきました。

まずは例によって材料の調達から。あなたの街の○ークワが私を待っています(笑)。

「あなたの街の~」というフレーズの CM ソングがいつも流れているんですけど、なんと服部克久作曲なんだとか。服部克久と言えば、「音楽畑 5」に収録された「夕陽」が有名です。きっと、誰もが聞いたことがあるはず。

ビートでもヴィッツでもなくて……

あ、ボルシチの材料でしたね。

  • 牛すね肉(塊)…… 400 g
  • オリーブ油……大さじ 1
  • ニンニク(皮付き、たたきつぶす)…… 2 かけ
  • ベイリーフ(ローリエ)…… 1 枚
  • 固形スープの素…… 1 個
  • 白ワイン…… 1 カップ
  • 水…… 4 カップ
  • ビーツ(水煮缶)……(缶汁を除く正味)200 g
  • タマネギ…… 1 個(200 g)
  • ニンジン…… 1/2 本(75 g)
  • ジャガイモ……大 1 個(200 g)
  • セロリ…… 1 本(100 g)
  • キャベツ…… 1/4 個(250 g)
  • トマト……大 1 個(200 g)
  • ケチャップ……大さじ 2
  • 塩・コショウ……各少々
  • サワークリーム…… 60 g
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/cooking/cookbook/20071105ok04.htm より引用)

もちろん、ある程度手を抜くのは最初から考えていますので、例えばニンニクなんかは、ラミネートチューブ入りのもので代用しました。ローリエは、まぁ、無くてもいいかな、なんて(笑)。同様の判断から、セロリも選から漏れました。

あとは、だいたい手配可能なんですが(サワークリームは、先週、入手できることを確認済みですので)、今回の初物が「ビーツ」という、赤い甜菜?です。

大手か準大手か、それが問題だ

レシピにも、「大手スーパーなどで水煮の缶詰が手に入ります」と記載されているのですが、果たして「あなたの街の○ークワ」が大手スーパーかどうかが、ここで試されることになります。

結論はと言いますと、残念ながら、ビーツの缶詰を見つけることができませんでした。やっぱ「成○石井」あたりまで足を伸ばさないといけないのかもしれません。というわけで、ビーツの缶詰目撃情報を幅広く募集します。場所や国は問いませんので、どしどしコメントをお待ちしております。m(_ _)m

あ、それと。ボルシチにサワークリームを入れるのは、何となく邪道のような気がするのですが、この件についてもご意見をお願いします。

なんせ、ボルシチって食べたことがなかったもんで。

あ、写真がないのは、単に撮り忘れただけです。お味はまぁ、それなりだったようです(ぉ

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク