2008年5月2日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

He is a sin, not a son.

 


最近、記憶力の低下が激しくて、「なんかのビョーキじぇねーか」と密かに疑っているのですが、それを補うためにも、ネタを見つけたらケータイの「テキストメモ」に記録するようにしている Bojan さんです。気分はデイル・クーパーです(違)。ああダイアン、ちょっといい話題を見つけたんだ……。楽しみにしててくれ。

そんなある日のこと、ベトナム戦争にて使用され、今なお多くの人が後遺症に苦しんでいると言われる「枯葉剤」という言葉をケータイに入力しようとしました。「かれはざい」と入力して、おもむろに変換したところ……。

彼は罪」と変換されてしまいました。(´∀`)

なかなか、ディープな変換だったのでした。この「彼」はリンドン・ジョンソンあたりでしょうか。

ま、ケータイの日本語変換はやっぱ大したこと無いですね、という話になるのですが、さっき、PC で「ああダイアン」と変換しようとしたところ、「ああ代案」と変換されて、少しずっこけたことも付記しておきます。ああ西日本。

"Rendez-vous" est la Francais.

そうそう、今更ですが、二年ほど前に放送された「暗殺のランデブー・ケネディとカストロ」というドキュメンタリー番組を見ました。JFK 暗殺の実行犯とされたオズワルドは、ソ連やキューバと結びついていた、という論調の番組で、「ふーん」と思わせる内容ではありましたが、そもそもオズワルドの単独犯説自体が「怪しい」とされているわけで、そういった意味では「面白くない」仮説でした。

少しばかし手を抜いて、Wikipedia から引用してみます。

衣料販売店を経営するエイブラハム・ザプルーダーによって撮られた暗殺の瞬間の 8 ミリ映像(「ザプルーダー・フィルム」と呼ばれている)は、ビデオ化された映画『JFK』(オリバー・ストーン監督)、インターネットなどで容易に見ることができる。大統領の頭部は致命的と見られる射撃によってひどく破壊され、「後方に」動いていることから、その致命的な射撃は「前方から」行われたとみられる。
(Wikipedia 日本語版「ジョン・F・ケネディ」より引用)

ちと略して、続き。

これらの独立した直接的事実は、射撃はすべて「後方から」リー・ハーヴェイ・オズワルドによって行われたとする暗殺真相究明委員会(ウォーレン委員会)による政府側報告書とまったく矛盾しており、政府側もしくは軍産複合体の巨大な陰謀が指摘される理由となっている。
(Wikipedia 日本語版「ジョン・F・ケネディ」より引用)

FBI(100 円)のお求めはお近くの売店で

さらに、別の記事から興味深い内容を引用。

このフィルムは一度 FBI に没収され、返却された時には「後方へ」のけぞった映像の部分のコマが入れ替えられ、前方へ倒れたように見えるよう手が入れられていた。後に FBI はフィルムを改変したことを認めた。また、車が看板へ差し掛かる部分の6コマを抜き取った。
(Wikipedia 日本語版「ケネディ大統領暗殺事件」より引用)

ま、万事がこんな感じで、ミステリーグルメにはたまらない「事件」なわけですね。そういえばデイル・クーパーもダイアンへのメッセージとして、「JFK を本当に撃ったのは誰か」という言葉を(テープレコーダーに)吹き込んでいましたね。

Wikipedia「リンドン・ジョンソン」の記事にも、こんな項目がありました。

ケネディ暗殺への関与
ジョンソンの就任以来、多くがジョン・F・ケネディの暗殺をジョンソンが首謀していたと主張する。暗殺当時ケネディは個人秘書官イーヴリン・リンカーンを含む親友に、ジョンソンが少なくとも 4 件の犯罪捜査に関与していたことから 1964 年の大統領選でジョンソンを入れ替えて別の人物を彼の副大統領候補にすることを考えていたことを語っている。
(Wikipedia 日本語版「リンドン・ジョンソン」より引用)

もいっちょ。

ケネディ暗殺後にエアフォースワン内部で宣誓式を終えたジョンソンは、カメラマンから多くの写真を撮られているがその中の一枚にはカメラマンの反対側に顔を向けた彼が写っており、斜め後ろから写された彼の左の横顔には満面の笑みが浮かんでいる。旧友のアルバート・トマス下院議員にウインクしているように見え、トマスもウインクを返している。 この写真は一般公開されず(後に公開)、何故明らかに場違いのウインクが行われたのか現在でも最大の謎とされている。
(Wikipedia 日本語版「リンドン・ジョンソン」より引用)

これは、やっぱジョンソンが「彼は罪」の主と見て間違いなさそうです(何のこっちゃ

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク