2008年6月7日土曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

「車の流れを読めない車」=「KYK」

 


そうだ、京都、行こう

いろいろと前置きを考えたのですが、どうにもしっくり来ないので、ざっくりカットしてみました。

最近、そういうことが多いのです。頭のはたらきと指の動きがシンクロしていないような感じですね。端的に言えば「乗れてない」だけなのかも知れませんが。

で、今日もなぜか朝から仕事だったのですが、「ぢゃ、あとはよろしくね~♪」と同僚に言い残し、自分だけさっさとドライブに出かけました(笑)。こう書いてみると、おそろしく薄情な人間に思われるかも知れませんが、実は全くその通り……お……おいっ、何をするうqあwせdrftgyふじこlp;

そうだ、どこ、行こう?

さて、どこへ行こうか……ということで、ちょっくら考えてみました。「初夏の富山」……もいいんですが、ちょっと遠いし。「はじめての新名神」、というのもなかなか魅力的です。「温見峠再訪」もいつか実現させたいのですが、いかんせんフロント・オーバーハング部の地上高がかなり低い(あ、シャコタンじゃ無いので年のため)今の車では少々不安がつきまといます。

営業の M さんにも「フロントバンパー取り替えたら、20 万以上しますよー」とさんざん脅されてますしね。おお怖っ!

と、いろいろと考えた結果、「八草峠」「徳山ダム」の豪華二本立てに決定しました。北陸道で木之本まで出て、そこから八草峠を越えて横山ダムへ。ふつーはそこから南下して家に帰るんですが、逆に北上して、かの有名な「徳山ダム」を見てやろーじゃねーか、というドライブプランです。京都から徳山ダムまで 3 時間弱と出ました。ちょーどいい距離感ですね。新名神は通らないけれど、まーいーか、と。

来た、見た、品切れ

北陸道の木之本 IC までは、特にこれといった出来事もなく到着しました。唯一の心残りは、神田 PA の売店で、スジャータの、ストロベリーミックス味のソフトアイスが品切れだったことでしょうか。銀さんみたく、甘ったるいいちご味が欲しくなる時に限って品切れ、というのがとっても悲しい出来事でした。わざわざ全世界に発信する内容でも無いとは思うけどさ。

木之本から八草峠までは、国道 303 号線を東に向かいます。途中からは快適なバイパス道路になっていて、また交通量が少ないものですから、結構な速度が出せる状態でした。いや、無、無茶なスピードを出したんじゃ無いんだからねっ!!!

「KY」=「車の流れを読めない人」

ただ、残念なことが二つほど。「家内腹」、じゃなくて「金居原」という集落があるのですが、そのあたりだけ思いっきりバイパス絶賛工事中だったもので、片側 1.2 車線(もれなくすれ違いゾーンつき)の道路が残っていたこと、また、すれ違いゾーンまであと少し、というところで対向車(ご婦人がハンドルを握ってました)とご対面してしまい、一向に埒があかなかったこと、があげられます。

いや、そのですね。すれ違いゾーンがちょい先に見えている、ということは、対向車がそこまでバックすれば済む話じゃないですか。道交法的にも、登坂中の車が優先される筈なんですね。なのにそのご婦人(しかも、助手席にも男性が座っているから、誘導もできるはず!)は「進む」ことしか考えていないという……。

「車の流れを読めない車」=「KYK」

どうしようもないので、こっちがバックしたんですけどね。ほんのちょっぴり道幅が広い(すれ違いを意図した広さではない)所で、無理矢理路肩に寄せて、ミラーを格納して「頼むから通ってくれ」と念を送っても、対向車は逡巡する始末。

「だーかーらー、あんたがちょっと戻れば広ーいスペースがあんだよー」とどれだけ叫ぼうかと思ったのですが……。というわけで、空気がまるで読めないご婦人のおかげで、ちょいと時間をダイアナ・ロスとシュープリームスだったのでした(やれやれ……)。

これで相手の車が地元ナンバーだったりしたら、こっちも「ごめんなさい」と思えるのですが、確か、神戸ナンバーだったような……。

来た、見た、通行止め

幸いにして、空気が読めない車はその一台っきりで、その後はスムースにすれ違いをこなしたのでした。「八草峠」は、数年前にトンネル(3 km)ができたので、かつての峠道は「旧道」になってしまったのですが、Wikipedia の記事にもあるように、なにしろ眺望(特に滋賀県側)が素晴らしいのですよ。もう 6 月だから「降雪で通行止め」は無いだろうし、トンネルができたから交通量も少なくてちょーどいーだろ、という計算だったのですが、滋賀県側は「コンディション不良」で通行止めになっちゃってました……。むぅー、なんかすっごく残念。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク