2008年6月21日土曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

全国共通の悩み

 


イチゴ一会

諸事情で大阪に戻らざるを得なかったので、西銀座から東京駅は八重洲口まで、タクシーに乗りました(爆)。距離にして約 1.5 kmJR で 1~2 駅。コストパフォーマンスを考えると、絶対に JR を選択するべきだ、とわかっていたんですけどね。

距離が距離(ワンメーター確定)なので、さすがに客待ちしているタクシーに乗り込むのは気が引ける……ってことで、流しのタクシーをつかまえようと、外堀通りを横断して、北東行き車線でタクシーが来るのを待ち構えることにしました。時間は朝の 8 時半、しかも土曜日、ということで、タクシーはおろか、ふつーの車の流れも疎(まば)らだったりしました。

そんな中、反対車線をすーっと流れてきたタクシーが一台。向い側に、いかにも「タクシー待ってます」と思しき人影を視認したからか、新橋駅前の交差点で U ターンを試みた風に見て取れました。しかし気の毒なことに、U ターンを試みようとする目の前を、別のタクシーが東京駅方面に……。わたくしはもちろん、最初にやってきた「別のタクシー」を拾ったのでした。ま、人生そういうこともあります(は

全国共通の悩み

わたくしが乗り込んだタクシーは、日の丸交通のタクシーでした。乗車すると、いきなり「シートベルトを着用ください」といったアナウンスが……。もちろん運転手さんの声ではなく、音声案内装置のプリ・リコーデッドアナウンスです。

運ちゃんに「八重洲の新幹線乗り場まで」と行き先を伝え、あえてシートベルトの件は黙殺しました。というのも、どうせワンメーターの距離、つけなくてもいいだろ、という(勝手な)判断があったからで……。しかも質の悪いことに、運ちゃんにわざわざ後席シートベルトの着用状況について確認する始末(笑)。

運ちゃん曰く「9 割方着用してもらってますねぇ」と。私は慌てて非着用の旨を詫びたところ、「いやいや、構いませんよ」と。「本当に必要なのは、高速に乗った時なんです」「ところが、酔ったお客様に限って着用してもらえなくて」という話は、そういえば京都でも全く同じ話を聞いたような。全国共通の悩みのようですね。

行儀の悪い……

もっとも、着用率に関しては天と地ほどの差が。関西では着用率が 1 割程度だそうで、客が自発的に着用しようものなら「お客さん、東京から?」と聞かれる始末(笑)。逆に、首都圏では「9 割方着用」と言う説の傍証になりそうです。

……という疑問を運ちゃんにぶつけたところ、「こっちのお客さんはみなさん行儀が良いから」と。ははは、行儀の悪い関西人ですいませんねぇ(笑)。

2 枚重ねも OK です

さて、計算通りにワンメーターで八重洲に到着。おもむろにケータイを取り出し、エクスプレス予約で座席を予約して、EX-IC サービスで構内に入場したのでした。今までは券売機で発券の手続きが必要でしたが、EX-IC カードがあれば、Suica ライクに改札をクリアできるので、やはり、便利ですね。

気になるのが領収書の取り方ですが、どうやら Web 経由で領収書が取れるとのこと。残念ながら、予約直後から乗車の翌日までしか領収書は取れないとのことなので、今度、機会があれば試してみようと思います。

新大阪には 11:30 頃到着。サンマルコでカツカレーを食べて、そのままオフィスへ……。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事