2008年6月27日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

百合・ゲラーもびっくり (つーかその変換にびっくり

 


それはもう久しぶりのお休みだったのでした

気がつけば、6 月は 2.5 日しか休んでいなかったもので、さすがに寄る年波には勝てず……ということで代休を取ってみました。うん、仕事の峠は越えて、岐阜県側は改良工事という名目で週末は通行止めといった感じです。

酷道 157 号線「温見峠」の現状がそんな感じだったかと。あ、この「温見峠」、車幅感覚に多少の自信があるんだったら、一度は行ってみて損はないところです。また行きたいんですが……うーむ……。

それはもう大切に愛用していたのでした

さて、それは今を去る数日前のこと。私は TISSOT の時計を愛用しているんですが、脇机の上に放り出していた TISSOT を、フローリングの床の上に落としてしまったのですね(どんな愛用の仕方だ)。その場では寝ぼけていたので、別に何とも思わなかったのですが(というか、今までも何度か落っことしたことはあったような気も……)。

ところが、翌日になって腕時計をつけてみたところ、針が朝方 2 時頃を指したまま……ではありませんか。そういえば、チャーリー浜って元気なのでしょうか(関係ない上にどうでもいい)。

仕方が無いので、確か高校生の頃に買った腕時計(何の変哲もないデジタルなので、海外旅行に行ったときとかに重宝してます)をつけて、仕事に行ったのでした。

それはもう毎日気になって仕方がなかったのでした

で、数日間放っておいたのです。今日はひさびさの休み……ということで、かつてダイヤモンドシティ・アルルと呼ばれていて現在はイオンモール橿原アルルという名前になってしまった大型複合店舗(長いぞ)に行ってきました。以前に TISSOT の電池が切れたときも、そこの時計屋さんにお願いしていたのですね。

販売店に行くのが筋なんでしょうが、ちょっと遠いもんで。こんなところで買ったんですね。Precious Time というお店なのですが、公式 Web サイトもあります。ぜひ一度ご覧あれ(笑)。

というか、憶えていたのは店名だけ。具体的なロケーションはさっぱり憶えてなかったので、ちと探すのに苦労しました。Orchard Blvd あたりかなぁ、と思ったのですが、あれは高島屋でしたか。うん、でも、懐かしいです。ちょーど 4 年近く前ですね。7 月末のシンガポールは暑かった……。

それはもう想い出がいっぱい詰まった大切な品だったのでした

そんな、「想い出がいっぱい」(© H2O)な時計なので、ちょいと止まったくらいで買い換えるなんて以ての外なんですね。ま、3 万円するかしないか程度の時計なので、そんなに大したものじゃない説も棄却しがたいのですが。

それはもうユリ・ゲラーも驚きの事実だったのでした

さぁー、無駄に長い前置きとともに、旧ダイヤモンドシティに行ってきましたですよ! エレベーターは待ち時間が長いので、エスカレーターをテクテク歩きながら、3 階にある時計屋さんに向かって……。おもむろにポーチから TISSOT を取り出して見てみると、なんかふつーに動いていたりして……。

やっぱ、ユリゲラーの呪いでしょうか。

てゆーか、「百合・ゲラー」は無いと思うぞ、ATOK くんよ。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク