2008年7月16日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

アンパンマンの国籍を推理する

 


今日、ふと気になったことがありまして……。アンパンマン国籍ってどこなのかな、と。

いや、別にどこでもいい、というか、はっきり言ってどーでもいいんですけどね。:)

とりあえず、アンパンマンの国籍から考えてみますと……。あのルックスからは「ベトナム説」「タイ説」「トルコ説」「ウズベキスタン説」「ボリビア説」「オランダ説」などが考えられ、残念ながらどれも決め手を欠く印象があります。なので、後回しにしましょう。

Karl-Heinz Weikinmann

とっかかりになりそうなのは、やはりバイキンマンでしょう。バイキンマンと言えば、UFO をマイカー代わりにするハイテク使いとして知られています。しかも、UFO の整備を自分で行っている節が見受けられます。よって、かなりのマイスターである可能性が高いと思われます。

バイキンマンは、ドイツ人の可能性が高いと思われます。そもそも、「バイキンマン」という名前がドイツっぽいじゃないですか。スペルは Weikinmann でしょう、きっと。なんだ、自明じゃないですか。

ファーストネームはさすがにわかんないっすね。"Armin" Weikinmann とか "Karl-Heinz" Weikinmann とか、そんなベタな名前かも知れません(笑)。

Heil, Huchehoff !

バイキンマンは、やたらと「は~ひふ~へほ~」を連呼しますが、これも、何か裏の意味があるに違いありません。バイキン……いや、Weikinmann がドイツ語を話すと想定すると、これは、もしかすると、"Heil, Huchehoff !"(ハイル フーヒェホーフ!)と叫んでいるだけなのかもしれません。フーヒェホーフという人物は謎に包まれていますが、右翼の大物かも知れませんし、意外や意外、実はジャムおじさんの正体かも知れません。

さて、これでバイキンマンがドイツ出身であることがわかりました(わかってません)。となると今度は、アンパンマンたちが住んでいる場所がどの辺なのか、という所が気になってきます(どうでもいいです)。

Sole-Jürgen Enpanmann

通常、アンパンマンたちは日本語を話しているので、舞台は日本じゃないか、と考えるのが自然でしょう。しかし、それにしては、アンパンマンが新大久保駅で新宿・渋谷方面の山手線に乗車するような情景は見られません。むしろ、人家すらまばらな山あいの情景が多く、ここからもやはり、舞台もヨーロッパの広大な原野である可能性が考えられます。

アンパンマンも、ドイツ系の苗字であるように思えます。「それゆけ!アンパンマン」が、実は彼の本名である可能性も考えられないでしょうか。Sole-Jürgen Enpanmann なんて名前かも知れません(←

Jan Huchehoff の野望

ジャムおじさんの正体も謎です。暇に飽かせてパンを焼いているようにしか見えませんが、あれでビジネスが成り立っているとも思えません。パンを焼くのは単なる趣味で、実は敏腕デイトレーダーだとか、何か「意外な一面」が隠されていると考えるのが自然でしょう。「ジャム」という名前はドイツっぽくないですが、実際は Jan Huchehoff なんて名前で、「ヤン」を、わざとフランス風に「ジャン」と呼ばせているのかもしれません。

つまり、ジャムおじさんの正体は、「右翼の大物」兼「敏腕デイトレーダー」で、密かに Weikinmann を使って世界の制服(ママ)を企んでいる黒幕である、というのが私の推理ですが、いかがなものでしょうか。

あ、でも、バタ子さんはイタリア人っぽい名前ですね……。となると、アンパンマンの居住地は、スイスか、イタリア北部のフリウリ地方あたりの可能性も出てきます。ジャムおじさんのフランスかぶれの偽名も考えると、ドイツではなく、スイス東部のアルプスの麓あたりかも知れません。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク