2008年7月28日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

東スポの野望

 


スタンダールもびっくり

某駅で同僚と待ち合わせをしていた時のこと。改札口の隣にキオスクがあるのですが、そこにスポーツ新聞が積んでありました。正確には……どう言ったらいいのかな。刺さっているといった感じでしょうかね。そこでふと気づいたのですが、そういえば新聞って白黒だったよなと。

いったいいつからカラーになったんでしょう。Wikipedia の「日本の新聞」を見ても、今ひとつ釈然としませんが、おそらく、1988~1992 年頃(もう少しブレがあるかも)じゃないかなぁ、と。最初にカラーになったのは、サンケイスポーツあたりじゃ無かったかなぁ、とも。

東スポの野望

というか、これ、ちょいと面白いので引用……。

公称発行部数(スポーツ紙、夕刊紙含む)

読売新聞 -   約 1002 万部 (夕刊約 389 万部)
朝日新聞 -   約 809 万部 (夕刊約 365 万部)
聖教新聞 -   約 550 万部(1990 年から 2006 年まで 550 万部のままである)
毎日新聞 -   約 397 万部 (夕刊約 156 万部)
(中日新聞・東京新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 - 約 347 万部、夕刊約 94 万部)
日本経済新聞 - 約 304 万部 (夕刊約 163 万部) 
中日新聞 -   約 275 万部 (夕刊約 65 万部) 
東京スポーツ - 約 242 万部
産経新聞 -   約 219 万部 (夕刊約 64 万部)
日刊スポーツ - 約 196 万部
西日本スポーツ 約 196 万部
スポーツニッポン約 171 万部
日刊ゲンダイ - 約 168 万部
しんぶん赤旗 - 約 168 万部
夕刊フジ - 約 155 万部
サンケイスポーツ約 136 万部
スポーツ報知 - 約 135 万部
北海道新聞 -  約 121 万部 (夕刊約 66 万部)
佼成新聞 - 約 100 万部(週刊新聞)
デイリースポーツ - 約 99.9 万部

東スポに負けてる産経って……(笑)。

そういえば、以前に宝島社の "VOW" で、「目指せ東スポ実売 200 万部」と書かれた絵馬が掲載されていましたが……。これを見る限り、実売 200 万部もクリアできたのではないでしょうか(笑)。めでたい話ですね。

歴史は繰り返す

お、記憶に頼って書いていた内容のウラが取れました。

1987年 スポーツ紙としては初めての1面連日カラー紙面を採用。また11月、サンケイスポーツ新聞社、夕刊フジとともに産経新聞社に再統合
(Wikipedia 日本語版「サンケイスポーツ」より引用)

一般紙でも、一面のカラー化を最初に行ったのが、産経だったようです。

1988年 ‐ 題号を再び漢字の『産経新聞』に戻し、全国紙初の本格的カラー紙面を採用する。
(Wikipedia 日本語版「産経新聞」より引用)

そういえば、大昔は、テレビ番組でも「カラー放送」とそうでないものがあり、カラーの番組は、画面の隅に「カラー」というマークがついていた、なんてネタを聞いたことがあります。これって本当なんでしょうかね。

NHK が、アナログ波に「アナログ」というマークをつけるとか、そんな話もありますが……。歴史は私たちに何を教えてくれるのでしょうか。

"History Teaches Us Nothing" という、Sting の名曲はご存じでしょうか。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事